« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004.12.31

岡崎律子さん

続きを読む "岡崎律子さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小菅勇太郎さん

続きを読む "小菅勇太郎さん"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

竹内均さん

続きを読む "竹内均さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかりや長介さん

続きを読む "いかりや長介さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、安らかに…

 今年、力を与えてくれた、また心を導いてくれた人たちが大勢いなくなった。その人たちのことを書きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

Hotspotted

 人生初のホットスポットからの接続中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.28

をかの湯

 昨夜、帰宅して洗濯をしようとしたところ、湯がでなくなっていることに気付いた。通常、お湯のバルブを開くと蛇口から湯がでるはずだが、出ない。水が出てきてもよさそうなものだが、水も出ない。

 今朝、管理会社に電話して、向こうの指示どおり給湯器のハッチを開けて調べたところ原因判明。

 水の元栓が閉まっている!

 管理会社の推測では、イタズラということたったが… この目につく(通りから丸見え)ところで、わざわざ給湯器のハッチを開けて元栓を閉める、ということはありえるのか? わしにウラミを持つ者(けっこういるような気がする)の犯行か?

続きを読む "をかの湯"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.05

東京電力

 毎度のことながら、ぶらり途中下車の旅を見ている。この番組は東京電力がスポンサーになっていて、10年くらい前は岸ユキが電気のうまい使い方(冷房時はカーテンを閉めるとか、布団を掃除機で吸う、とか)をやってた。

続きを読む "東京電力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びゅううう んざあああ

 台風27号からバトンタッチした(と見える。台風の消滅に合わせて別の低気圧が発生、発達した)低気圧が通過中。風雨のためうるさくて眠れない。何度も目が覚める。そんな5時38分。明るくて目が覚めた。
 明るい? なぜ? 寝ぼけた頭では判別できなかったが、すぐ理由はわかった。照明がついていたのだった。リモコンを誤操作したのかと思い、消した。だがまだ様子がおかしい。隣の部屋から明かりが漏れている。
 隣の部屋も明るい? なぜ? 隣の部屋に行ってみると、照明がついている。PCのハードディスクもアクセスしている。調べると、PCは再起動中であった。
 これは瞬停が一番考えられる原因だ。台風のことも気になるので、CSの天気予報を見る(これでパラボラアンテナが風で曲がっていないかわかる) さらにtenki.jpにもアクセスし、風速などを調べる。

 興味深いことが起こっている。関東の太平洋沿岸部のみで強い南風が吹いている(内陸部の風は弱い) これは本州のど真ん中を移動中の低気圧に風が吹き込んでいることを示唆している。おもしろいことに午前3〜5時にかけて、わずか1時間の間に10度以上気温が上がっている地域がある。そこから20kmほどしか離れていない風の弱い地域は元の気温のまま。風の強さと気温の高さは完全に相関関係にあるといっていい(多分因果関係にもある)

 この記事を書いている最中も何度か瞬停する。そのたびに照明がつく。いいのか? 長期旅行中に照明がつきまくったりするのではないか?

 このあたり書いている6時6分。また瞬停する。今回はMacもエラいことになる。画面がしましま、マウスカーソルが四角になる。ファミコンのカートリッジを半分抜いて遊んでるときみたいだ(笑) 記事の内容をセーブしてないから書き直しだ。

 6時の天気図を見たらまた寝る。このうるささの中で寝られれば、だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.01

バイオマン最後のほう

 バイオマン47話、"柴田博士の正体!?" を見た。
 この柴田博士、中丸忠雄が演じている。中丸忠雄といえば、大鉄人17で佐原博士を演じていて、バイオマン本放送時(1984年)には、"ワンエイトを改心させた博士"としてしか認識してなかったが、ファンサイトを見て驚いた。映画の仕事はわしが生まれる前だから知らんかったな。
 キイハンター本放送時は中丸忠雄を意識していなかったのだが、近年CSで放送されるに至り確認。宮内洋はしっかり覚えてたのにな。

続きを読む "バイオマン最後のほう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »