« あけましておめでとうございます | トップページ | 小学校の時のクラス会に行った »

2005.01.01

RSSリーダのススメ

 ニュースやブログをたくさん読んでいると、毎度毎度のサイトめぐりの手間が大変になってくる。

 大変というのは、例えばニュースやブログをどこまで読んだのかわからないとか、ダイヤルアップのたびにニュースを見ていて、いろいろなサイトに行くために時間もかかり、金も馬鹿にならないとかいったことである。こういうことがあるのでサイト巡りをあきらめてしまうことも多かったのではないだろうか。

 この大変をなくしてしまう方法がある。それはRSSリーダを使うことだ。これを使えば、メールクライアント(OutlookとかNetscape CommunicatorとかThunderbirdとかMailとかのこと)を使うように、新しい項目を勝手に捜し出し、読んでいないものは太字になって表示してくれる。メールを扱うのと同じようにニュースやブログを扱えるのだ。

 さっそくいくつか紹介しよう。まず1つ目、MacユーザにはNetNewsWire Liteがある。間違ってNewtNewsWireをダウンロードしないように注意。これは有料だ。気に入って金を払うのならともかく、初めて使うなら無料のLiteをダウンロードするのがいいだろう。
 2つ目、これはWindowsユーザ用で、ポータルサイトgooが用意しているRSSリーダだ。これもタダだ。
 3つ目、先日1.0が出たばかりのThunderbirdだ。新し物好きの人や、評判になってるものを手に入れるのが好きな人はすでに入手済みだろう。これを使えば、新しいメールアカウントやニュースを増やすのと同じようにRDF(RSSファイル)も増やせるようになる。

 これらのソフトのインストールが終わったら、RDFを入力してみよう。例えばいま見ているこのOkanoyou Todayの場合、右下に"このサイトと連携する(XML)"というリンクがある(blogでは、このように右下にリンクがある場合が多い) このリンクをコピーし、RSSリーダに入力してやる(購読、とかSubscribeとかいうボタンやメニューがあるはずだ。それを使えば入力できる) それだけで勝手にRDFを読み始める。読み終わると、未読項目が表示されたはずだ。あとは扱いは簡単だ。ダブルクリックすると内容が表示されたり、ブラウザで表示されたりする(このあたりソフトによって違うので調べてみていただきたい)

 代表的なニュースサイトのRDFが書いてある場所を以下に挙げておく。ニュースサイトでは以下の例のように、"RDF"だの"XML"だのといったボタンにリンクがある場合が多い。

 asahi.com
 日経BP
 CNET Japan
 Wired NEWS

 ここに挙げたRSSリーダ以外にも、よいものがあれば是非コメントをいただきたい。また、RSSリーダのいいレビューを書いた方はトラックバックしていただきたい。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 小学校の時のクラス会に行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RSSリーダのススメ:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 小学校の時のクラス会に行った »