« 職質 | トップページ | ちゅう〜 »

2005.06.13

出生の秘密

 住基ネットカードの申請のため市役所に行った。申込書を書いて待っていたところ、役人が呼び出してきて、エラい事を言い始めた。

 ここで、大映ドラマみたく(もちろんフィルムでな)芥川隆行のナレーションで出生の秘密が語られたりするとオモシロいのだが、なかなかそうはいかない。実は正体が王子様だったりすると、"やったあ! これで容易に王女様を嫁に!"と大喜びなところですが、そうは問屋が卸さない(わしに卸してくれる問屋なんざそもそもねえよ)

 "名前の字が戸籍と違ってます"

 今まで何十年も気付かなかった(それに気付いた者はいなかった)のだが、わしの名前は異体字が使われていたのだったよ。多分、出生届を出した時にヘタな字で書いた、とかそういうオチなんだと思うのだが。
 数年前、パスポートをとるために戸籍抄本をとったのだが、その時にもまったく気付かなかったのは一体どういうことなのか。

 次に実家に帰る際、事実はどうなのか調べたいと思う。わかったところで別に変える気もないし、今まで気付かなくて何の問題もなかったということはほっといても大丈夫だろうがな。

|

« 職質 | トップページ | ちゅう〜 »

コメント

かつて長いこと付き合っていた彼氏のことですが。

有る日会社の海外研修に行くと言うので、彼は生まれて初めての戸籍謄本の写しを取りに行ったと言います。

謄本を持った彼はすぐさま私に電話をしてきました。

「あの、俺、母親がもう一人居たらしいんだけど。
養子って書いて有るんだけど。」

意外と気づかないものだと思った事を思い出しましたです。

投稿: フュージョナー | 2005.06.14 23:56

あーわたくしも同じくです>戸籍文字
保険証以外は支障ないなあ・・・

投稿: さかさま | 2009.02.15 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/4543521

この記事へのトラックバック一覧です: 出生の秘密:

« 職質 | トップページ | ちゅう〜 »