« 夏が来た | トップページ | 赤と青 »

2005.07.10

ほほづき

 前にも書いた通り、浅草ではほおずき市が開かれている。毎年この時期になると行きたいのだが、仕事が忙しかったり体の調子が悪かったりその両方だったりと行けない年の方が多かったが、今年はなぜか(ホント、なぜか)行けた。

 ほおずき市というのは、こういうカンバンがつけられている寺に押し入り、強引に賽銭を投げ入れ、自分の願いを強要したのち、境内に馬に喰わせるほどいるほおずき売りからほおずき(相場2500円)を買う、という催しだ。ちなみに、このカンバンに書いてある、"四万六千日"というのは、"しまんろくせんにち"と読む。落語ではないが、なんでこういうところには縁起をかつがないのか?
 なにはともあれ、この日にお参りをすると、46000日(1日1回で126年ほど)お参りをしたのと同じ効果がある、というマニ車みたいな仕組みになっている。

 今年はほおずきは買わなかったが、境内の店で小学校の先生などが見たら怒りそうなぐらい買い食いした。満足です。
 こんなに買い食いしたというのに、歩いて汗をかいたせいか、体重は減っていた(笑) 体というのは自分のものであってもままならぬものだ。
 花やしき付近で、絵に描いたようなオカマ2人組がガラ悪く歩いてくるのを目撃。さすが浅草。裏切らない街だ(笑)

 余談:"ほおずき"が辞書表記。看板は"ほおづき"。昔の文書では"ほほづき”などといったものも見られる。ウンチクはこのあたりで仕入れられると思うが、おもしろいものはあまりなさそうだ。

(続く)

P.S.
 容量が大きいので期間限定になるが、雷門付近の賑わいはとバスの団体に紛れ込んで仲見世を楽しんでいるところ(笑)ほおずきの露店のムービーを置いておく。

|

« 夏が来た | トップページ | 赤と青 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/4912686

この記事へのトラックバック一覧です: ほほづき:

« 夏が来た | トップページ | 赤と青 »