« 白金の衝撃 | トップページ | そろそろダレてくるころ »

2005.12.22

メカ新幹線の苦悩

(前回からの続き)

 新幹線が薄気味悪い加速と減速を繰り返している。これが徐行運転と言うやつか。外は雪が降っている。

 名古屋に30分以上遅れて到着する。名古屋でもわりと雪が積もっている。三河安城駅でポイント故障とアナウンスがある。安全が確認できしだい発車とのこと。

 18時、新幹線は名古屋を出る。

 豊橋と浜松の間で雪が消える。
 浜松には1時間7分遅れで到着する。当初はここで在来線に乗り換えようと思っていたが時刻表を見ると不安が残るので静岡で乗り換えることにする。遅れが2時間以上ならば新横浜まで乗って"おっちゃん金返して"とJRに言うところなのにね(笑)

 19時12分静岡到着。新幹線を降りた途端にタミヤのカンバンが(^^; 地元のでかい企業だもんな。
 コンビニでビールを買おうと駅を出るが、駅前の店は酒を置いていなかった。あきらめて駅構内の店で買いものする。

 19時35分発東京行きに乗る。2ドアの車両。最近はこういうのも普通列車として走らせるようになったのか。

(続く)

|

« 白金の衝撃 | トップページ | そろそろダレてくるころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/7778842

この記事へのトラックバック一覧です: メカ新幹線の苦悩:

« 白金の衝撃 | トップページ | そろそろダレてくるころ »