« ドキドキしちゃう〜 | トップページ | ルミナリエ »

2005.12.22

大阪で僕と握手

(前回からの続き)

 大阪に来たんだ、と思わせることがイキナリあった。エスカレーターに乗る時、左側に立とうとしてしまった。そしたら前にいる人たちは皆右側に立っている。わひゃあ(^^; 知識としては知っていたのだが体はなかなかついていかないもんです(笑)

 大阪駅のすぐそばのヨドバシ梅田に行く。行く前に荷物をコインロッカーに入れたいのだが… コインロッカーがややこしいところにある。かんべん。
 ヨドバシ梅田で流れるMIOの歌が若干違う(笑) やっぱり大阪原理主義を考慮してのことか。LANケーブルとUSBケーブルを買う。

 スルッとKANSAIを買う。大阪に来ている感覚が否が応でも高まる。だが… 買えない。あと1回、値段が書いてあるボタンを押せばいいはずだが、タッチパネルのどこにもそういう表示はない。取り消してもう一度やってみたら、値段のボタンだけタッチパネルではなく実ボタン。やられた(笑)

 御堂筋線で心斎橋まで移動。Apple Store Shinsaibashiに行く。GinzaShibuyaより人が入っていない感じだ。この店ができるときウリだったガラスの階段は実は細かい網の目が入っていて、雨の日でも滑らないようになっている。ひじょうに気を使いながら(笑)2階も見た。Apertureの実物を初めて見た。

 そこからさらに数分歩き、自由軒へ向かう。途中、グリコの電飾看板の前を通る。アレはほかの地域の人は誤解しているが、ずっと電飾看板が続いているわけではない。あの一角だけそうなのだ。実際まわりを見回すとわかる。

 ビックカメラ裏手にある自由軒に到着。"町の食堂"というスタンスをずっと崩していない。いいことだ。注文するのはもちろん特製カレーだ。一番出る品でもあるようだ。

 卵を崩し、混ぜ、ソースをかけ、混ぜる。沖縄はチャンプルー文化だというが、このカレーも、このなんばの街も、チャンプルー文化じゃないのか?
 自由軒のおばちゃんがいかにも大阪の食堂のおばちゃんだ。観光客も相当来るのではないか?(自分もそうだったしな) また来たい。このカレーを喰いに。

 自由軒付近は非常にいい感じだ。とてもなじみます(笑) 浅草がもっと新しくなったみたいな感じか?
 
 地下鉄のなんばのローマ字表記は、"NAMBA"だった。むば。

 梅田に戻る。東京の地下鉄には必ずある、地上に出る位置の地図、大阪にはないようだ。不便なのでつけていただきたい。


 大阪の電車の電光掲示は扉の位置や遅れ具合まで表示している。JR東日本もマネしてもらいたい。

 神戸線新快速で三宮へ。20分強で到着。ホテルに向かう。

(続く)

|

« ドキドキしちゃう〜 | トップページ | ルミナリエ »

コメント

あ、自由軒はチキンライスもオススメです。
次回是非。

そういえば新横浜カレーミュージアムにも出店してますね>自由軒

投稿: さかさま | 2005.12.22 01:45

 カレーミュージアムの件については…ここいらに説明がある。

 自由をめぐる闘争に終わりはない(ここだけ声は中江真二)

投稿: をかのゆ | 2005.12.22 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/7770019

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で僕と握手:

« ドキドキしちゃう〜 | トップページ | ルミナリエ »