« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.27

紅葉と菊に閑古鳥

  "弘前城 もみじと菊人形"というのに行ってきた。イカニモ若い者に受け入れられなさそうな催しだが、その通り、若い者はいなかった。

 子供の頃も同じ祭りはあったのだが、その頃はもっと菊人形がいっぱいあり、電動の仕掛けもいくつもあったものだ。今日と同じように閑古鳥は鳴いていたがな。

 単位面積当たりの人出はハウステンボスとどっこいではなかったか?

 展示されていた菊や金魚、そして紅葉の美しさは子供の頃はちいともわからなかったが、ついにわかるようになってきた。はっはっは。

 なぜかは知らんが、うさぎなどがいて子供がさわれるようになっていた。今日の人出を見ると閑古鳥にもさわりまくれる。はっはっは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.23

新日本気候

昨日から帰省している。別に会社に暇を出されたのではなくて、会社に暇を出した訳よ(嘘な上に意味不明)

続きを読む "新日本気候"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.20

♪季節のお野菜いかがです

 藤岡琢也が死んだ。渡鬼を健康問題で降りて1シーズン経たぬうちの死だった。この人の顔は、子供の頃の夕方、トムとジェリーなんかを見ているとやってるサッポロ一番みそラーメンのCMで覚えた。

 表情で語るのがとてもうまい役者なのに、そういうのがちっとも出てこない渡鬼が遺作に… ぅ〜ん、

 あの世というものがあるとして… ご冥福をお祈りします。

続きを読む "♪季節のお野菜いかがです"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.19

土に始まり土に終わる

 先日アースレッドで虫を駆除した後、虫の死骸が多くあるあたりになにやら箱を発見。一年以上ほったらかしにしていた玄米フレークの箱だった。

 玄米フレークなら乾いているからなんともあるまいと思って中を見ると、つーんと臭いが… 恐る恐るブツを見ると、黒くなって湿っている。

 になってる!

 すてました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.16

ジェノサイド2006

 旅行に行く前からだが、家の中で虫のライフサイクルができているらしく、幼虫→さなぎ→成虫、と全部目撃した。旅行から帰ってきたら交尾しているところも目撃した。

続きを読む "ジェノサイド2006"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

煌めきの残滓

 旅行中の写真をパソコンに取り込んだら、2000枚以上あった(笑) ぼけたので何枚も撮ったりしたので、それを引いても、1500枚以上はあるはず。

 まだ疲れが残っている&旅行後半見舞われていた喘息発作がきびしいので整理は今後に…(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.14

All good things...

 うなぎ屋あつみに行く。前から来たくて仕方がない店だった。白焼きは浜松以外ではなかなかないが、この店が発明したものだったとは知らなかった。注文する。

続きを読む "All good things..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東へ向かう台

 今回乗るのは、シングルツインで個室だ。2段ベッドが個室になっている。B寝台扱いなので、ベッドは広くない。
 一番多く乗る寝台列車があけぼので、北へ向かうことしかなかった。東に向かう寝台列車は初めてだ。

続きを読む "東へ向かう台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州最大の街へ

 ジャイアンみてえな学生が乗ったりしておもしろい。佐賀直前で混んで、鳥栖直前でまた混むのもおもしろい。

 18:45 →鳥栖

続きを読む "九州最大の街へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.13

復興した文明の入り口

 やはり疲れているのか、8時過ぎまで寝てしまう。風呂入って支度して出たら10時過ぎ。この旅一番の遅発だ。
 発車2分前に佐世保駅に到着。

 10:36 シーサイドライナー 佐世保→

続きを読む "復興した文明の入り口"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーグ上岡

 タイトルは、一部の方々(笑)だけお楽しみください。

 19:07 大村線 ハウステンボス→

 途中鳥栖で妙に待ち時間が。単線か?

 19:38 佐世保線 →佐世保

 佐世保バーガーを食いに行く。最初に入った店は、食パンに焼肉をはさんだような感じの、日本に伝わったときに日本人が作ったものを再現しているものだった。でもうまい。
 道に迷いながらビッグマンに行く。トリプルバーガーとベーコンバーガーを頼む。ここで30年以上やっている店らしい。

 コンビニでビールなど買ってホテル到着。日記を書きながら時折休んでうつらうつら。今日は疲れたのぅ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

偽オランダの恐怖

コインロッカーに荷物を預ける。コインロッカーの奥行きがないのでバッグを入れるのが困難。

 なかなか高価な入場券を買って入国口から入る。

続きを読む "偽オランダの恐怖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.12

偽オランダ入国

 鳥栖から乗った普通列車は、シートが革張り、だがシート自体は簡素。ドア前の吊革がリングの周囲と列車進行方向に対しての直径に配置されている。初めて見た。

 12:00 長崎本線 →佐賀

続きを読む "偽オランダ入国"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

めいっぱい食って西へ

 午前6時、謎の曲が町一帯に流れて目が覚める。全国どこの自治体でも、朝に夕になにか流すものだが、午前6時から流すのはいかがなものか(笑)

続きを読む "めいっぱい食って西へ"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

湯が余るほどある地

 由布院駅ホームの久留米方向には足湯がある。行ってみると、窓口でチケットを買え、とある。改札を抜けると、足湯専用の窓口がある。160円払ってチケットを買う。駅入場券と書いてある。なるほどね。

続きを読む "湯が余るほどある地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.11

向こうの島を往く

 7時25分ころ起きる。風呂入って荷物詰めて服着て出る。駅構内まで3分。駅近くのホテルにしてよかった。

 発車ベルが鳴っている最中にホームにたどり着く。ギリギリだった。この列車を逃すと由布院到着が2時間近く遅れてしまうので逃せなかった。

 08:27 山陽本線 下関→

続きを読む "向こうの島を往く"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生まれた島の最も西に

 20:18 →下関

 下関駅上り方向端の改札口から出る。鉄道の日記念一日乗り放題きっぷについていたアンケートを出す。

続きを読む "生まれた島の最も西に"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.10

島から島へ

 JR宮島航路で宮島へ向かう。鉄道の日乗り放題きっぷで乗れる。うれしい。

 15:10 宮島航路 宮島口→

続きを読む "島から島へ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

思ったより小さな証言者

 広島駅ビルに入る。トイレを使うために入ったのだが、エラいものを目撃。お好み焼き屋が軒を並べていた。全部で5〜6軒はあっただろうか。お好み焼き屋が並んでいるところを初めて見た。

続きを読む "思ったより小さな証言者"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山登りして飯食って船に乗って電車に乗る

 タイトルはやったことそのまま。

 6時に起きる。多少曇ってはいたが出かける。

続きを読む "山登りして飯食って船に乗って電車に乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぢめてののんびり

 飯の時刻が30分後くらいなので、急いで風呂に入る。上がる。寝る(笑) 飯時刻を
10分ほど遅れてレストランに突入。あぶなかった。やはり疲れているのか?

続きを読む "はぢめてののんびり"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

進め三月ウサギ

 タイトルはルーニーテューンズから。

 休暇村に戻り、自転車を借りる。うさぎのごはんなるものもあったので買う。ペットショップで売ってるウサギのエサだ。

続きを読む "進め三月ウサギ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その島は昔と今とでそこにあった

 忠海に着いた後、郵便局があるのがわかったので行ってみる。だが今日は祝日。小さい郵便局は日祝はやっていないのであった。

 海辺のこぢんまりした町並みがいい。アヲハタもある。この町一番の会社に違いない。

 大久野島行きのチケット売り場がまたいい。おばちゃんが片手間でやっているように見えた。チケット券売機もあるのだが、おばちゃんから買うこともできる。券売機の意義は… 夏の混む時期にはあるのか?

続きを読む "その島は昔と今とでそこにあった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.09

海の道

 タイトルは同名のえろげから。

 とりあえず目の前の列車に乗る。

 11:56 サンライナー岡山→

 福山で新幹線に乗れば遅れを取り戻せることが判明した。

続きを読む "海の道"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

次は四国だ

 岡山到着のアナウンス内に津山行きが… 津山と言ったらいまだにアレしか思い浮かばない。

 09:21 →岡山

続きを読む "次は四国だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名誉の代償

 タイトルはスタートレックエンタープライズの小説のタイトルから。毎度のことながら意味はない。

 夜中、右足が痛くて何度か目が覚める。やはり歩きすぎたか。

 6時ころ目が覚める。やっぱり足が痛い。ゆうべもやったが、風呂の中でマッサージを試みるも効果なし。これではうどん屋めぐりはできそうもないので、今日の目的を未知への第一歩(笑)のみとする。
 今日は温泉泊まりなので、途中どこかで薬を買って、マッサージ&薬&温泉で回復がはかれればいいのだが。

 7:56 山陽本線姫路→

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.08

ぶらりが通用しない街

 御堂筋線で天王寺まで。コインロッカーに荷物を預け、ビジターセンターで"大阪まちあるきのパンフレットをもらい、徒歩で移動。

続きを読む "ぶらりが通用しない街"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽の季節

 タイトルは、現東京都知事が書いたちんぽで障子を突き破る小説から。太陽の塔とは関係ない… はずだがこれはまことか。

続きを読む "太陽の季節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kyoto wind

タイトルはセリアの同名の曲から。

 京都駅から北に向かうと、ほどなく東本願寺に着く。はとまめを売っているじじいがいる。値札がハングルでも書いてある。需要があるのだろう。さすが本場(笑)だけあって建物がでかい。木造でこれってのはどういうことよ。
 東本願寺は通りすぎるだけにして外に出たら法衣店のカンバンが。さすが本場だ。
 だらだらと歩いて京都市内を観光する。京都は昔の建物も多いが、新しい建物を建てる際も昔風のツクリにしている所も多い。

 京都には路地がやみくもに多い。昔からの町並みに加え、空襲がなかったせいだ。なにもかもでかく早く作ってしまう現代とは全く違う昔の味わいがそこかしこに残っている。歩くだけで楽しい。

 いい味の家だな、と思ったがナニヤラ看板が。"木村耳鼻咽喉科医院" ここが医者!? 京都やっぱりすげえ
 味わいのある洋風建築が… と思ったら"中京郵便局" 京都は和風の建物ばかりではなかった。すげえ。記念に1000円貯金してみた(笑)

 山が近いと思ったら、次のでかい交差点の向こうが急に山というのには驚いた。

 11:18 阪急京都線特急河原町→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の時空へ

 タイトルは、スタートレック ディープスペースナインの日本語サブタイトルから。ここで使う意味はない。

 酒飲んで午前様→おとボクアニメ開始を目撃→旅行出発、と心臓が悪い人なら危険な流れで進行しているわけだが、毎度のことながら小走りでなんとか駅に間に合ったものだ。これは全部不安神経症のせいにしておく。

 5:08 家を出る

 表八句を庵の柱に掛けおく。

続きを読む "伝説の時空へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »