« 伝説の時空へ | トップページ | 太陽の季節 »

2006.10.08

Kyoto wind

タイトルはセリアの同名の曲から。

 京都駅から北に向かうと、ほどなく東本願寺に着く。はとまめを売っているじじいがいる。値札がハングルでも書いてある。需要があるのだろう。さすが本場(笑)だけあって建物がでかい。木造でこれってのはどういうことよ。
 東本願寺は通りすぎるだけにして外に出たら法衣店のカンバンが。さすが本場だ。
 だらだらと歩いて京都市内を観光する。京都は昔の建物も多いが、新しい建物を建てる際も昔風のツクリにしている所も多い。

 京都には路地がやみくもに多い。昔からの町並みに加え、空襲がなかったせいだ。なにもかもでかく早く作ってしまう現代とは全く違う昔の味わいがそこかしこに残っている。歩くだけで楽しい。

 いい味の家だな、と思ったがナニヤラ看板が。"木村耳鼻咽喉科医院" ここが医者!? 京都やっぱりすげえ
 味わいのある洋風建築が… と思ったら"中京郵便局" 京都は和風の建物ばかりではなかった。すげえ。記念に1000円貯金してみた(笑)

 山が近いと思ったら、次のでかい交差点の向こうが急に山というのには驚いた。

 11:18 阪急京都線特急河原町→

|

« 伝説の時空へ | トップページ | 太陽の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/12195939

この記事へのトラックバック一覧です: Kyoto wind:

« 伝説の時空へ | トップページ | 太陽の季節 »