« 湯が余るほどある地 | トップページ | 偽オランダ入国 »

2006.10.12

めいっぱい食って西へ

 午前6時、謎の曲が町一帯に流れて目が覚める。全国どこの自治体でも、朝に夕になにか流すものだが、午前6時から流すのはいかがなものか(笑)

 再び寝て7時20分に起きて風呂。3度目だ。風呂は好きだが、入らないとそのままずうっと入らなかったりする。今回の旅では一日2〜3度は入っている。

 着替えてめし。喰うのはわし一人。他に泊まってる人たちが数人いたはずだが、別の時間帯に喰うのか? チェックインしたとき、朝食の時刻が8時と9時から選べた。皆9時からの方を選んだのか。

 階段の脇に貼ってあるサインやら宿泊者からの手紙やらの横に、じゃらんでやっていた朝食のうまい宿とかいう企画で、この宿が九州で3位に選ばれていた。はたして飯は…

 多い。卵など目玉焼きと生で2つもある。これをたいらげるには飯を何杯喰わなければならないのか。…って3杯で何とかなった。

 確かに、量質ともに充実していた。素晴らしい。ただひとつ難点をあげるとすれば、米がうまく炊けていなかったことか。IH炊飯器でかために炊いていただきたかった。

 出発の準備をする。9時をわずかに回って出発。駅が近いから気楽だ。

 1分で駅に着く。味わい深い街だった。ここに来たのは、放送大学の授業で取り上げられていたのと、由布院の小さな奇跡を読んだからだった。”こぢんまり”という概念を、うまい方向に使ってるいい所だった。また来たい。次は、あの玄人好みの湯に入りたい。

 駅員に切符を見せると、乗る位置を丁寧に案内してくれる。こっちから訊かないのに、ここまでやってくれる駅を見たことがない。

 ディーゼル特急に乗るのは久しぶりだ。…いや、子供の頃乗っていたのはディーゼル急行(多分キハ82)だったか。

 09:07 ゆふ2号 由布院→

 ひたすら山の中を走る。列車内を探検する。トイレに入ってみると、便器が妙に小さい。こういう仕様なのか。
 自由席車両に行ってみると、すいていた。指定席をとったことにとこの状態について、祖父が生きていたら1年くらいぶつぶつ言われ続けていたことだろう。

 10:44 →久留米

 10:54 鹿児島本線 久留米→
 11:03 →鳥栖

 30分ほど待ち時間があったので、鳥栖駅の外に出る。大きな建物は1つだけ。それも店やではない。鹿児島本線から長崎本線に分岐する駅なので、大きな街を想像していたがそうでもなかった。調べると、ここは佐賀県。佐賀に初めて降りたことになった。
 駅前のローソンで氷菓(地元製造)を買って喰う。駅横に生活列車なる謎のコンビニがあった。横にゆうちょATMがあったので貯金する。
 生活列車で飲み物を買う。

 11:36 長崎本線 鳥栖→

|

« 湯が余るほどある地 | トップページ | 偽オランダ入国 »

コメント

この日記が全部うそで、
実は家にいながら捏造してたら面白いと思いました。

投稿: 丹沢 | 2006.10.12 12:10

ウソでココまで書けたら、文章だけで食っていけるかもなぁ(笑)

時間の都合もあったかもしれませんが湯布院から乗るなら「ゆふいんの森(キハ72)」に乗って欲しかったですねぇ。「ゆふ」はつまんない車両ですし(^_^;

鳥栖の駅前には「ハブ乗り禁止」という看板があります(今あるかどうかは不明)。絵を見るとどうやら2人乗りのことを「ハブ乗り」って言うみたいですが。

投稿: fukui | 2006.10.12 19:57

JR九州の特急は指定席よりも自由席の方が席数が多い傾向にあるため、指定席が満席でも自由席はガラガラ、という事態が結構あります。
指定券が取れなくても(全席指定でなければ)乗ってしまえばなんとかなるわけで…(汗)。

「生活列車」はJR九州のコンビニです。
昔は結構いろんな駅にあったのですが、何年か前にJR九州がam/pmの九州地区フランチャイザーになったため、どんどんam/pmに変わっていってしまい、今ではほんの僅かになってしまいました。
今のところ、生活列車が残っているのは直方(福岡県)、鳥栖(佐賀県)、佐世保(長崎県)、鹿児島中央(鹿児島県)くらいですか。

ちなみに私は今日は午後から熊本に行ってました(ぉ

投稿: mk8426 | 2006.10.12 20:42

えーわが地元へようこそ!ようこ!ってもう通過ですかorz

>ハブ乗り
初耳ですw

鳥栖駅は駅前ロータリーのひなびっぷりと背後のスタジアムの落差が味わい深いですうそ。

投稿: さかさま | 2006.10.12 21:52

 あそこ、スタジアムなんてあったのか

投稿: をかのゆ | 2006.10.13 01:05

 これ、捏造する場合、資料集めが大変だ。現地に行ったほうが簡単に書けると思う(笑)

投稿: をかのゆ | 2006.10.13 01:10

そういえば清水義範が偽温泉紹介紀行文なパスティーシュ書いてましたね。新潮文庫でしたっけか。

>スタジアム
鳥栖にはJ2チーム「サガン鳥栖」があります。
フランス文学のアレじゃなくて駄洒落なわけですがwww

投稿: さかさま | 2006.10.13 01:27

>さかさまさん
いいページがあったのでご紹介。
http://blogs.dion.ne.jp/dion2005s/archives/2005838.html
私が見たのはまさにこの看板です(笑)。

ひたすら田舎なところに建っているスタジアムは何とも異様ですね。駅前商店街の廃れっぷりもいい感じ。確かイオン(ジャスコ?)かなにかが駅の近くにあったはずです。

投稿: fukui | 2006.10.13 16:10

>fukuiさん
拝見しますた!!!これは言い逃れできませんねwww
ハブ=hubだとしたら、やるな鳥栖www

投稿: さかさま | 2006.10.16 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/12252377

この記事へのトラックバック一覧です: めいっぱい食って西へ:

« 湯が余るほどある地 | トップページ | 偽オランダ入国 »