« Kyoto wind | トップページ | ぶらりが通用しない街 »

2006.10.08

太陽の季節

 タイトルは、現東京都知事が書いたちんぽで障子を突き破る小説から。太陽の塔とは関係ない… はずだがこれはまことか。

 11:44 阪急京都線特急→茨木市
 11:46 阪急京都線急行茨木市→
 11:48 →南茨木
 11:58 大阪モノレール南茨木→
 12:03 →万博記念公園

 万博記念公園は、思ったより混んでいた。駐車場も激混み。ここはそういう施設なのか。

 19年ぶりに太陽の塔の前に立つ。何度見てもすげえ。前よりでかくなってないか?

 どうみても万博で捨てていったとしかみえない展示品を飾る施設が、ガスの展示館の中にひっそりとあった。展示品が、北朝鮮にある外国からもらったものを展示する驚異の(笑)博物館と同じようにみえる。万博当時作られた模型は興味深く見た。
 ガスの展示館はいただけない。人間洗濯機とかはどこに行ったものか。

 万博記念公園→千里中央

 千里丘陵のあたりは、昔イメージしてた未来都市にみえる。建物が緑に埋没し、その間を道路が結んでいく、というもの。

 13:26 千里中央→

|

« Kyoto wind | トップページ | ぶらりが通用しない街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/12196877

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の季節:

« Kyoto wind | トップページ | ぶらりが通用しない街 »