« その島は昔と今とでそこにあった | トップページ | はぢめてののんびり »

2006.10.10

進め三月ウサギ

 タイトルはルーニーテューンズから。

 休暇村に戻り、自転車を借りる。うさぎのごはんなるものもあったので買う。ペットショップで売ってるウサギのエサだ。

 自転車で島を右回りに回ることにする。

 休暇村の前の芝生にやつらがいる。エサをやろうとして近づくと、向こうも近づいてくる。心が通じあう期待が高まってくるが、すぐ逃げる(笑) これは山にいる完全野生のウサギと似た行動なののだが… 人からエサをもらいまくっているはずなのに習性は抜けないらしい。

 休暇村の横に毒ガス貯蔵倉庫がある。隣にあるとは度肝をぬく(笑)
 海岸がずっと続く。とても美しい。瀬戸内海、とくにここいらには闇雲に島がある。島が多数同時に見える、というのは初体験。瀬戸内海が多島海であることは地図の上では知っていたのだが、現物はこうなっていたのか。素晴らしい。
 途中、ふいに戦前の毒ガス倉庫が現れる。山を切り崩して地下をそのまま倉庫にしている。TAC極東基地の動かないもの… といった感じか。

 草むらがガサリと動いたかと思ったら、奴が出てきた。現状この島のヌシだし、どこにでも現れる仕組みなのか。

 降りてはならぬっぽい砂浜に降りる。んざーざざざー
 わき道にそれると、砲台跡がある。なかなか規模が大きい。砲は地上の一番高い所に置いて、弾薬庫は地下に作られている。敵を砲撃するため、と説明されていたが、瀬戸内海のこんなところまで敵に入られたらもう負けだと思う。実際に潜水艦は入ってきて、呉の基地を攻撃したわけだが。
 さらに進む。自転車で山道を走っているこの感じが楽しい。
山道にもヌシたちがいる。買った喰いもんで気をひこうとするが、イマイチ考えが読み取れない(笑) そういうものか。
 奥に入られない施設もある。あれはなんだったか。前にいろいろな資料をみていたはずなのだが思い出せない。
 ビジターセンターでもらったパンフレットを見ると、発電所とある。奥まで入っていけばもっとわかるのだろうが立ち入り禁止。残念だ。
 そこからすぐ、最初に上陸した船着場に到着。そのそばにも奴らがいる。20羽はいた。追い掛け回すが平地でも奴らの方が上か、なかなかつかまらない。

 フェリーが来るのを見ながら明日の船のチケットを買う。砂浜に下りて波を見つめる… 水の透明度が高い。人が訪れる場所でこのきれいさをよく維持できるものだ。

 休暇村に帰る。

|

« その島は昔と今とでそこにあった | トップページ | はぢめてののんびり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/12223343

この記事へのトラックバック一覧です: 進め三月ウサギ:

« その島は昔と今とでそこにあった | トップページ | はぢめてののんびり »