« バーグ上岡 | トップページ | 九州最大の街へ »

2006.10.13

復興した文明の入り口

 やはり疲れているのか、8時過ぎまで寝てしまう。風呂入って支度して出たら10時過ぎ。この旅一番の遅発だ。
 発車2分前に佐世保駅に到着。

 10:36 シーサイドライナー 佐世保→

 長崎で回る先を調べていなかったので交通など調べておく。調べてわかったことだが、佐世保では"町"をちょう、と読むのがほとんどなのに対し、長崎ではまち、と読む。長崎は古く、佐世保は新しい街だからか。

 12:07 →長崎

 路面電車で松山町へ。停車場近くの爆心地公園へ。爆心地を示す碑と像と、工事していたら出てきた核攻撃当時の地層。それらがある。全国から訪れた有象無象の人たちはいなく、地元の人たちがベンチで休んでいるだけ。
 広島は街の中心地を攻撃されたが、長崎はそうでもない。やはり第2目標だからあまり調査されなかったのか。

 写真のみ飾られている、最初の爆心地碑は現存しないのか。偶然防空壕にいて助かった人はその後どうなったのか知りたい… だが、放射線障害で長くは生きられなかったのではないか?

 浦上天主堂に向かう。途中あった小さいスーパーで探していた牛乳を目撃…だがここで1リットル牛乳をかかえても困る。買うのはあきらめる。

 浦上天主堂着。教会に入るのは久しぶり。ちゃんと観光客対策はなされていて、信者の人だけが奥に入られる。
 復活の日よろしく像と会話してみた。


 平和公園へ向かう。噴水があって、説明がある。水を、水をと言って死んでいった人たちをなぐさめるため… そうだったか。やはりここもやりきれない気持ちが作らせた場所だったのか。  各地から来た大勢の学生が、じじいから説明を聞いていた。

 平和祈念像(力道山がモデルらしいが本当か)に話しかけたが、何も答えてはくれなかった。


 平和公園のすぐ脇に、"被爆者の店”というなんだかあんまりな店があった。インドで奇形で売まれたわが子を見せ物にするアレのようなものか?

 大橋から電車に乗り、出島で降りる。出島は近年復活事業が行われて…観光地になっていた(笑) 大枚500円払い、中を見る。  なんかこう… イマイチな感じが。

 徒歩で中華街へ。ちゃんぽんとチャーハン食う。うめいです。

 さらに徒歩で近くのダイエーへ。牛乳を探すがない。

 徒歩で駅を目指す。さほどの距離ではないはずだ。途中、電車の車内アナウンスにあった文明堂総本店前を通る。ここは核攻撃時もあったのだろうか? あったとしたら、ピカも文明は滅ぼせなかったということになる。

 駅に到着。あわただしくトイレに行く。

 15:33 長崎本線 長崎→

 諫早湾沿いを通る。地図では海のはずだがどう見ても陸地が続く。そのうち、遠くに水門も見えた。この規模はやりすぎだ。自然はすぐ変化してしまう。それが我々にとって悪いことでなければいいが。まず海苔の養殖に被害が出ているようだ。

|

« バーグ上岡 | トップページ | 九州最大の街へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/12268055

この記事へのトラックバック一覧です: 復興した文明の入り口:

« バーグ上岡 | トップページ | 九州最大の街へ »