« 食の鬼 | トップページ | 南方のようにじめじめとした… »

2007.01.14

うまいもん

 毎年京王百貨店新宿店で開催されている、第四十二回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会に行ってきた。

 出発前に公式サイトを見たら、94歳のばあさんがやっている団子屋が紹介されていたので、期待が高まった。

 今回は喰った事がないものを、と思い、かきめし(北海道)とたこめし(多分兵庫県)を購入した。たこめしは蛸壺に入っているという念の入りよう。面白い。
 他はおやき(長野県)、みそピーナッツ(千葉県?)、そして飛騨高山のだんごを購入。

 団子屋、なかなかの行列だったので10分ほど待たされたが、その間焼いている所を見る事ができた。何度もひっくり返しては正油をつける。単純だが念の入った作業だ。

 そして作業してるおっさんの後ろには公式サイトに載っていたばあさんが座っている。94にしてなお現場に目を光らせているのか。ということはおっさんは息子か? などと思っていたところ、ばあさんが立ち上がった。何をするのかと思いきや、団子を焼き始めた。

 すげえ! 現役ってここまで現役かい!?

 94歳といえば、生まれたのは大正2年。この年は、わしの祖父母が生まれた年でもある。あの人たちは24年前に仕事をやめていた(ついでに言えばとっくの昔に人生もやめていた)ものだが、まだやるのかい!?

 今団子を喰っているが、うまい。このシンプルな味。香ばしさ。何度も喰いたいおいしさだ。

 飛騨高山に行ったら、二四三屋には是非寄らせてもらおう。この味をばあさんのホームグラウンドで味わいたいではないか。

|

« 食の鬼 | トップページ | 南方のようにじめじめとした… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/13483080

この記事へのトラックバック一覧です: うまいもん:

« 食の鬼 | トップページ | 南方のようにじめじめとした… »