« 夜明けあと | トップページ | 桜とわしとこの街と »

2007.04.29

この県とこの時代とこのわし

 長期休みをとった、というかどさくさにまぎれて休んでいるような気もせんでもないが、毎度の事ながら帰省している。

 今回は帰省ついでに、青森県立郷土館に行ってみた。昨日から開催中のオモチャ博覧会を見るのが目的だ。

 青森駅から20分。奥に開く恐ろしい自動ドアが開いて館内へ。310円払って展示を見る。

 青森県でやるにしては規模が大きいおもちゃ展示。しかしマニア様があまりいないのはどういうことか(笑) もっといるかと思った。

 展示のほうは、新しめのものもまざっているのが気になった。シルバー王女の店頭販促用ソフビ人形などは10年くらい前のものなので珍しくは感じない。

 展示物を見ていて、これを集めた人はわしと同年代だということに気付く。かなりのシンクロを感じたからな(笑) あちこちにダイアポロンがあるのは… そんなに好きだったのだろうか?

 ミクロマンがなかったのが残念。アクロイヤーは2体。変身サイボーグは1体。あれだけ出回った商品だからもっとあってもよかったと思う。

 70年代に荒れ狂ったパチめんこなどの駄菓子屋パチ製品ももっと収集していないものか? 今回展示したのはコレクションの一部とのことなので、次展示会をやるとしたらパチ中心でやっていただきたい。

 県立郷土館には常設展示もあるのだが、わし以外の人を見なかった。子供向けの体験展示(福笑いとかがあった)で流しているビデオがゴレンジャーなのは今どき大丈夫か? 当時のなぞなぞは今の子供に通用するのか? など気になった。

 戦争当時の新聞がオモシロかった。現在の目で見ると腹をかかえて笑える記事もある。もっと見たいので図書館にでも行ってみるかね。

|

« 夜明けあと | トップページ | 桜とわしとこの街と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/14891513

この記事へのトラックバック一覧です: この県とこの時代とこのわし:

« 夜明けあと | トップページ | 桜とわしとこの街と »