« 粘菌生活 | トップページ | 語源をつきとめる »

2007.08.03

男の旅立ち

 タイトルは高橋よしひろの犬が主人公じゃない(笑)マンガからだが内容とはまったく関係ない。

 7月28日夜、ハードディスクにアクセス障害が起こった。

 このままではまずいと思い、バックアップを取ろうとしたのだがディスクにず〜っとアクセスしたまま帰ってこない。ここで再起動を余儀なくされるわけだが、こんどはディスクを認識しない。

 ディスクユーティリティ、TechToolDeluxeDiskWarriorを試すが、まる1日かけても帰ってこない。一瞬プログレスバーが進行するところを目撃できたのはラッキーだったか。

 ディスクがいかれた翌日、7月29日夜、雷雨があるという天気予報だったが、ハードディスクは新しいのをつけねばならぬ。
 どれを買うのかネットで検索。今ならSATAを買うのがいいと判断。MacPro買った時もそのままつけられるしな。わしのハードディスクケースにはSATA変換アダプタがついてるはずだ。箱の中に入ってると思い確認。それらしきものがあった。あとは実際にディスクを買うだけだ。

 町田まで行く。途中で雨が降り出す。

 いろいろ悩み、500GのSATAIIのハードディスクを購入。12500円ほど。ハードディスクと言うのはどんどん安くなるものだ。1ギガが10万円切ったあの日は…93年くらいじゃなかったか? あれからもう14年たったか。

 帰る頃になったらものすごい雷雨。そして小田急線は落雷のため止まっていた。
 電車は徐行しながら少しづつ進行。海老名まで来たら向かいに止まっていた普通列車が回送に変わっていた。間引いているのだなあ。
 雷が近くに落ちている感じだったので駅前の本屋に入り、立ち読みしたりばばしたりする。30分もしないうちに雷はやみ、大雨だけになっていた。ずぶぬれになりながら自転車で帰宅。

 帰宅後、ハードディスクをケースに収め…られない。さっき見たアダプタは2.5インチディスクを取り付けるためのものだったのだ。なんのために雨の中ずぶぬれになったものだろうか?

 それでもめげずにアダプタを安く売っている店がないか探す。結局送料がかからないAmazonが一番安い。購入する

 そして今日8月3日。アダプタが到着。箱の中を見ると2個1セットになっている。どっかにそんなこと書いてあったか? 2台あるから2つ買っておこう、と思った人はひでえ目にあうんじゃないか?
 フォーマット開始。残り時間は12時間。こりゃあほっといて寝るしかないか。

|

« 粘菌生活 | トップページ | 語源をつきとめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/15997931

この記事へのトラックバック一覧です: 男の旅立ち:

« 粘菌生活 | トップページ | 語源をつきとめる »