« 電飾への始動 | トップページ | 即席の電飾 »

2007.12.16

電飾と仏と獣と

 今は使われていない旧奈良駅を見る。この駅は10年くらい前に持ち上げて移動させたんじゃなかったか。
 歩いて奈良公園方面に向かってもよかったが、バスの看板がでっかく出ていたのでバスにする。バス者の気持ちがわかるかも、と思ったがよくわかりませんでした(笑)

 前に来たときは修学旅行であったので、駅や寺の位置関係がよくわからなかったが、今回地図を調べて判明。ここいらへんは古墳遺跡の類がごろごろしているので、次に来たときは博物館など行きたい、と思った。
 鹿が見えたのでバスから降りる。そこは国立奈良博物館前。渡りに船とはしなかった。西洋の近代絵画の特別展をやっていたからな。奈良に来て西洋の絵はなあ…

 徒歩で東大寺へ。土産物屋やら鹿煎餅屋などをこえて大仏殿へ。料金は500円なり。
 大仏殿は昔来たことがあるが、もっと大きくなかったか? 思っていたより狭く感じた。
 大仏はかっこいい。じろじろ見ます。これを作ったとき、金メッキをするために金と水銀を混ぜて塗り、塗り終わったあと水銀を熱で蒸発させる、という方法をとった。もちろん職人は水銀の蒸気を吸い込み続けて死んだ。それを思うと複雑な気持ちになる。
 帰り際、鹿煎餅を買う。買っている最中から鹿が寄ってくる。与え始めるとどつくはポケットを引っ張るはひどいことされる。角がついていたら命の危険もあるかもしれない。切られた角でもどつかれれば痛い。
 一番小さいのに与えようとするがなぜか遠慮する。なんでだ。
 鹿煎餅が切れるとすうっと散る。こんなにキチクな奴らなのに売っている煎餅には手を出さない。元も子もなくすことはしないわけか。
 バスでJR奈良駅まで。駅前に郵便局を発見したので貯金しようと思ったが休み。県庁所在地の駅前の郵便局なのにか? にぎやかな近鉄奈良駅のほうに行けばよかったか。

11:42 大和路快速奈良→
11:53 →法隆寺

 徒歩で法隆寺に向かう。特に道なんかが整備されているわけじゃないので普通の国道を行く。途中、斑鳩食堂なる店を発見。フォントの具合から河原口食堂の仲間と見た。

 歩道が細くなって不安になったが無事法隆寺到着。東大寺と比べてこぢんまりとしているし、人出が弘前公園並みに少ない。金を払って入るところもあるのだが、満足したので帰る。聖徳太子の一万円札にあった八角形の建物も中は見ないでおく。


 法隆寺の建造物の構成や、奈良、大阪との相対位置とかがようやく理解できた。やっぱり団体旅行はいかん。こういうところがわからんからな。



 小路をぐりぐり歩いて駅へ。途中法隆寺郵便局を発見した。貯金できるかと思ったが休み。ちえー。

13:10 大和路快速法隆寺→
13:32 →天王寺

 JR天王寺駅の改札をSuicaで出る際、自動改札機の扉が閉じるトラブルがあった。調べてもらうと改札はなされているとのことで素通り。それでいいのか。

13:41 大阪市営地下鉄御堂筋線天王寺→
13:45 →なんば

|

« 電飾への始動 | トップページ | 即席の電飾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/17382020

この記事へのトラックバック一覧です: 電飾と仏と獣と:

« 電飾への始動 | トップページ | 即席の電飾 »