« 新・おふくろの味 | トップページ | 亡くなったりしちゃったりなんかしちゃったりして〜 »

2008.03.09

週末の過ごし方

 タイトルは全員眼鏡のえろげから。

 先日新聞で、全日本学生児童発明くふう展の作品展示を日本橋三越の催事場でやっていることを知った。展示期間が短いので、見るためにはこの週末は必ず行かねばならない。だが、単体の用事では電車に1時間以上乗るのはコストと結果が見合わない感じがしたので、他の用事とも組み合わせることにした。

 ご想像の通り、日本橋三越など、滅多に行かないわしだ。1年ぶりくらいに訪れたような気がする。前の時も催事場目当てだった(笑)

 子供が作った発明くふうの数々が並んでいるのだが、それらに触れることは許されない。動かして確認できるものが多いのでそれは残念。実際のところ、各装置はプロトタイプ1台だけなので、来場者がみんな動かしたら紙製木製のそれらは1日たたぬうちに破壊されてしまうだろう。それは避けねばならぬ。

 最も気に入ったのは、"コロコロオルゴール"というもので、ビー玉が樋を転がっていく間、長さが違うアルミ版をたたき、その音で校歌を演奏してしまう、というもの。アルミ版をつるす器具が、アルミ版の回転を防ぐとともに、樋に固定するクリップになっているのが素晴らしい工夫だ。これを調律する作業は楽しかったことだろう今すぐわしにやらせんかい、と強く思った。

 次に徒歩でINAX GALLERYへ。現在、展覧会として、工作の時代 -『子供の科学』で大人になった-をやっている。子供の科学をコンニチも愛読するわしならば行かざるを得ない。

 素晴らしい。特に二宮康明の紙飛行機が。いまだに子供の科学についてくるこれらの紙飛行機は、60年代からの連載らしい。おもしれえからすたれない。シンプル故にすたれない。工夫の余地がどこまでもあるからすたれない。楽しすぎる。

 INAX GALLERYは、INAXのショールームの建物にあるので、トイレ内の設備は最新式だった。ただ、狭すぎてドアを開けて中に入るたびにセンサーが反応して水が流れるのはいただけなかった。

 さて次々と用事をこなす。近くにクランプラーの店日本1号店ができたはずなので行ってみる。ヒサヤ大黒堂と同じブロックにあるのでわかりやすい。場所がわからぬ人は"ぢ"のカンバンのあるブロックをぐるっと回ってみるといい。すぐ発見できる。

 この地にありがちな店内店員だった。つまりわしには合わん(笑) 前に町田modi前をぶらりと歩いていたら、クランプラーのバッグがオサレな店にディスプレイされていて、いつの間にこんな事になった裏切ったなクランプラー、と思った(嘘)ものだったが、やはりこの展開は加速されているのか。

 何も買わずに(笑)有楽町駅へ。JRを乗り継ぎ大久保まで。ここ数週間と日報にもバナーを貼り付けていた、ライブに行く。

 6時から始まったライブは8時半まで続き、最後にはおとボクの"Lover Power"が。それはアニメのOPであってゲームの曲ではない、とわしの中のおとボクうよく(笑)が激しく抗議した。ただし心の中で(笑)

 曲がこう… なんというか… 毎日すべてのえろげムービーをダウンロードし続けているわしの感覚とは違うような気が。とはいえわしわ楽器を演奏するわけでもないのでそこは視点の違いなのかもしれない。

 いずれにせよ、とても楽しいライブでござった。演者のひとたちを大きく称賛したい。

 ライブ後、近くにあった世界の山ちゃんへ。一緒にライブを見た3人であることないこと喋る。すべて別にいちいち言わなくてもいい内容、というところが素晴らしい。その中で楽器が欲しい演奏したい、というハナシが(笑) はっはっは(^^;

 結局終電近くまでだらだらしてしまう。小田急線新宿発の終電になんとか座っていくことができたのは幸いだった。月に1度の午前様。おかあちゃんがいたら今ごろ責められて攻められていたことだろうがいないので幸いしたか後者は幸いしなかったか。

|

« 新・おふくろの味 | トップページ | 亡くなったりしちゃったりなんかしちゃったりして〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/40438034

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の過ごし方:

« 新・おふくろの味 | トップページ | 亡くなったりしちゃったりなんかしちゃったりして〜 »