« ダジャレー夫人の恋人 | トップページ | 彼方からの手紙 »

2008.07.15

刃傷紙風船

 わしが幼少の頃、心の傷を負う舞台になったマルエス主婦の店だが、こんなことになっちまうらしい。

 この店にはさまざまな思い出がある。生まれて初めてカップヌードルを自販機から買ったのもこの店だった。当時カップヌードルは味が一種類だったので、金を入れるだけで出てきたものだ。あんなにオレンジと赤の物体はその後見た事がない。インパクトあったものよ。
 飯のおかずを買う店は、中三、マルエス、中央市場のどれかと決まっていたが、マルエスはなくなり、中三はこじゃれて駄目になり、残りは中央市場だけだが店の撤退が激しい… もう近所の駄菓子屋も酒屋もなくなって、わしが子供の頃からある店はほとんどないのか。世の流れとは言え、流しちゃいけねえもんもあったんじゃなかったか。

|

« ダジャレー夫人の恋人 | トップページ | 彼方からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/41838557

この記事へのトラックバック一覧です: 刃傷紙風船:

« ダジャレー夫人の恋人 | トップページ | 彼方からの手紙 »