« 禁断の質問 | トップページ | まだ見ぬ梅雨の苦しみも »

2008.09.07

黒砂糖への長い道

 絶滅したサトウクジラを取ってくる映画。

 以下、飯食ってる時には読まないように。

 昨日カラオケに行った際の出来事。毎度の事ながら腹が痛くなってきてトイレに行ったのさ。トイレに入る→ドアを閉める→鍵をかける→一歩前へ→ぱかー

 このトイレは最近改装したらしく、便器なども新しいものになっていた。なんで、自動的に便座があがる装置がついているのだな。

 このテのトイレを最初に見たのが数年前INAXギャラリーに行った時だった。過去の日記によるとおととしの11月のことらしい。もう2年も経っているので、さらに新機能が追加されているに違いないと思い(なんでこういう発想になったのか今では謎だ)、ボイスコマンドを試すことにした。

 ばば

何も起こらず。解釈できなかったからかもしれんからもう一回。

 ばば

大事なことなので(そりゃあな)2度言ったが、やっぱり何も起こらず。さらに"ばばというから駄目なのであってうんことか言えばいいのではないか?"という発想には行かず、ボイスコマンドなどない、という方向に考えがいった。横にリモコン兼操作パネルがあったので、それを調べると便座上下ボタン発見。押してことなきを得る。

 故郷への長い道で、チャーリーが透明アルミの製法を記録するため、Macintosh Plus(512kかも)のマウスに向かってボイスコマンドを発するシーンがあったが、同じ事を本気でやってしまった、てえことか(笑)

 そんな遠くない将来、ボイスコマンド対応にはなると思うが、その際は"ばば"でも便座がおりてくるようにしていただきたい>メーカーの人

|

« 禁断の質問 | トップページ | まだ見ぬ梅雨の苦しみも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/42404009

この記事へのトラックバック一覧です: 黒砂糖への長い道:

« 禁断の質問 | トップページ | まだ見ぬ梅雨の苦しみも »