« ゲームUNOの恐怖 | トップページ | たったひとつの生えたやりかた »

2008.11.02

ハチコウ ハ(チュウリャク)ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセン デシタ

 タイトルはいきすぎた修身の教科書(笑)

 国立科学博物館に行ってきた。目的はきのこだが、常設展もみてきた。

 常設展にはいるのさ。ハチ公が。もろ本人。でかい。これでは犬ころしと死闘を演じてもなんら不思議ではない。

 国立科学博物館は中学校の修学旅行で訪れてから… 10回目くらいになるだろうか。何度来ても新たな発見があって面白い。建物は重厚。標本の質もいい。税金もこういう使い方なら生きてくる。

 今気付いたが、前回行ったのは去年11月。前々回はおととし11月。毎年同じ時期に行ってるのはどういうわけか。

P.S.  特別展でトリュフのにおいをかいだ。ああいうものなのか。喰った事がないから知らんが… きのこってどれも釣りのねりえさみたいな臭いだよな。

P.S.2
 帰り際ガチャポンやったらハチ公のフィギュアが出てきた。うわーい♪

|

« ゲームUNOの恐怖 | トップページ | たったひとつの生えたやりかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/42988311

この記事へのトラックバック一覧です: ハチコウ ハ(チュウリャク)ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセン デシタ:

« ゲームUNOの恐怖 | トップページ | たったひとつの生えたやりかた »