« 掻いてたまるか | トップページ | シリアス食品 »

2008.12.21

気温照射の金の声

 頼むーっ 金ならやるからそのビームを止めてくれえええええ。

 ↑なんだこれわ

 須磨浦山上遊園へ行った。ほとんど地域の人にとってマイナーな場所だが、前にYouTubeで、"山陽電車山陽百貨店あすの天気"を見てから、そのあまりのいい味っぷりに行かなければ気が済まないところにきていた(笑) ちょうどルミナリエで神戸に行くからいい機会と思って行ってみることにしたわけさ。

 須磨浦山上遊園は、山陽電車須磨浦公園駅からロープウェイやカーレーター、そしてリフトを使って行く。大阪から行ったので、阪神電車梅田駅から乗り、神戸高速鉄道、さらに山陽電車に乗り換えた。乗り換えると言ってもホームの反対側に停まってる電車にだから簡単だ。途中、新開地駅を通る。ポートピア連続殺人事件で初めてきいたあの土地だ。うれしい。

 三宮からは20分くらいで須磨浦公園駅に到着。着いてから知った事だが、ここは平敦盛が斬られた土地らしい。塚があってお参りしている人がいた。

 わしわ無常感がこみあげるでもなく、駅にくっついて…というか駅の建物の3階にあるロープウェイ乗り場に向かった。15分おきに出ているロープウェイとその後にひかえるカーレーター。両方の往復で大人1000円だった。

 高い所が好きなわけではないのでロープウェイでは安静に(笑) 降りるとすぐそばにあるカーレーター乗り場の屋上に行く。

 訪れた事がない景勝地に来るといつも思う事だが… こういう景色ってのがこの世にはあったのだなあ。神戸市街や淡路島がよく見える。神戸は山が終わって海までの間にできた街だってことがよくわかる。淡路島は… 2年前に今はなき寝台特急あかつきから見て以来だ。こんなにくっきりはっきり見たのは初めてだ。いつかはあそこを通って徳島(まだ訪れていない)に行きたいと思っている。

 さて次はカーレーターだ。この謎の乗物で展望台がある頂上まで登る。途中はゴムベルトだが坂に入るところと出るところで金属の車輪がむき出しになっている。ここではものすごく揺れる。"揺れることがあります"と注意書きがあるが、こと、どころじゃない揺れだ(笑)
 頂上に着いて展望台へ。2階がゲーセンだったので入ると… エレメカが15台とビデオゲームが20台ほど。スペースインベーダーDXが4台テーブル筐体で置いてあるのはここだけだと思う。わしわエレメカからミスターバットマンなるものをやる。バットで玉を打って所定の穴に入れば景品チャンス、という昔からよくあるタイプのものだ。

 展望台の3階はフロアの周囲が回転するようになっている。景色はさっき見た神戸や淡路島。こういう回転する床はなんべんも見ているので新鮮味はなし。

 ここから目指す須磨浦山上遊園へは(ていうかここがすでにそうなのかもしれぬが)リフトで行く。むき出しの椅子にぶら下がって行くのは嫌(笑)なので歩いて向かうことにする。回り道になるが仕方なし。
 歩いて行くとじじばばが大勢いる。それらをびゅうと追い抜いて現地到着。

 ああ、あすの天気でのあの人々の笑いは、往時のものだったのだなあ……などと思うほど人がいない。12月なのでオフシーズンなのかもしれないが少なすぎる。誰もいない。サイクルモノレールに乗ろうかと思ったが悲しい気持ちになると嫌なのでやめた。

 観測者がいないのでむなしく吹き上がる噴水をあとに帰りはリフト。疲れたからな。リフトに乗るのは10年ぶりくらいで、どうやって降りたものだか忘れていた(笑) がまあ、なんとかなる。わしが降りたらリフト停止。使ってない時は動かさないのね。まあ、無駄にならなくていいか。

 帰りもカーレーター。大揺れ大会開催。たいへんです(笑)

 ロープウェイがちょうど出たところで15分待つ。だがこれでちょうどルミナリエ点灯が見れたのでよしとしよう。縁はわしを見放してはいないようだ。

|

« 掻いてたまるか | トップページ | シリアス食品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/43489198

この記事へのトラックバック一覧です: 気温照射の金の声:

« 掻いてたまるか | トップページ | シリアス食品 »