« ホーローの旅 | トップページ | 紙の中の黙示録 -三行広告は語る- »

2009.02.28

大きい少年少女世界名作の森

 角川つばさ文庫というのが来月創刊される。簡単に言えばターゲットが小学生の小説シリーズだ。このジャンルでは、講談社が青い鳥文庫というのを昔からやっていて、今がわが世の春といわんばかりにラインナップや作家がとても重厚だ。他社がマネしようにもマネしきれないものだと思っていた。

 今、文庫は広く読まれているが、こんな状態にしたのは角川春樹だ。この人はUFO見たり宇宙人に会ったり逮捕されたり投獄されたりと大変だが、こういう功績があることも忘れてはならん。今の社長は弟だがな。

 でまあ、数十年鍛えた角川文庫の力を借りて、角川つばさ文庫では時をかける少女を出す。言わずと知れたツツイの傑作だ。これをエントリにしてツツイに入った人は戸惑っただろうなあ(笑) 他があんなで。わしのエントリは三丁目が戦争です、だったのでよかった(笑)

 話が脱線した。おととしにはアニメも大ヒットだったので、その勢いに乗るのか、と思って表紙を見ると…

 あ!? のいぢ?

 この、つばさ文庫を軌道に乗せるためならなんだってやる角川の作戦。すげえなあ(毎度の事のような気もする)

 最近なんでもかんでものいぢになりすぎている感もある。もっと本業(ユニゾンシフト)に力を入れて欲しい…と願う。Peace@Piecesの頃が一番勢いがあって好きだったのだが、最近はどうも、な。

|

« ホーローの旅 | トップページ | 紙の中の黙示録 -三行広告は語る- »

コメント

あはははははははは!!
こりゃ大きい少年少女向けかも?

投稿: 家名 | 2009.03.02 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きい少年少女世界名作の森:

« ホーローの旅 | トップページ | 紙の中の黙示録 -三行広告は語る- »