« 忌野清志郎が死んだ | トップページ | これもキンゼイ »

2009.05.09

シリアス編み

 タイトルが苦しい、って事よりも、"メリヤス"を誰も知らないのではないか、と危惧。

 4月アタマ、ケーブルテレビの工事前に一世一代の大掃除(笑)をしたことは、ここで触れたが、そのさ中、他のエラいことが勃発していた。

4月11日(土) その日も朝から大片づけ大会を催そうと、倉庫に入ってダンドリを考え始めた。すると、携帯電話が鳴っていることに気付いた。画面を見ると実家から。おかんから電話が来る時はろくな知らせがないので嫌な予感をしつつ電話に出ると、またもやエラいことを言い放たれた。

 これから入院する。

 おかんは、去年12月にも入院していて、ものすごくドキドキさせられたものだが、また同じ症状で入院ということになった。

 こんな電話を受けた精神状態でよく片づけができたものだと思う。前回は入院している事を知らずあわてふためいたが、今回は本人からの連絡もあり、余裕があったためだろうか?

 今回はすぐ実家に帰ったりはしなかった。毎週電話がかかってくるので容体チェックにつとめた。そして3週間後、ゴールデンウィークの帰省とあいなった。

 今回の休みは、5月2日〜6日はカレンダー通りにとり、その後7日〜8日、有給休暇を取る。そして9日〜10日は土日でまた休みなので9日連続で実家にいられる、とダンドリをしてみた.

 このダンドリが大正解。5月7日に医者におかんの容体について訊く事ができ、そこで退院が決まったからだ。そして予定通り今日退院。ああよかった。

 平日に休みを取ったのも正解。保険の手続きや各種支払いのダンドリについてちゃんと作業できたからな。あてずっぽが好ダンドリ。なんておトクなのだろうか。

|

« 忌野清志郎が死んだ | トップページ | これもキンゼイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/44958696

この記事へのトラックバック一覧です: シリアス編み:

« 忌野清志郎が死んだ | トップページ | これもキンゼイ »