« かのゆと | トップページ | こ~ちゃイラストワークス »

2009.06.23

偽善者部隊

 Wikipediaのメインページに、新着記事が載る専用の欄が設けられているのだが、今日はふるった記事が2つ出ていた。

 まずはひとつめ。ヒトラー女性化計画だ。

 世間は女体化ハヤリだったものだが、一応今は沈静化している。もちろんこれはヒトラー女体化同人誌(実在!)のことではなく、本当に女性化しちまおうという計画だ。もちろんやってる人たちは大まじめで計画立案していた。しかも、このテのことにはテクノロジが惜しげもなくふんだんに使われるものだ。記事には、

水と反応して緩やかに失明させる気体を発生させる液体を開発し
OSSは当初ヒトラーのてんかん発作を増進させる薬剤を投与することを考えたが、薬学者はそのような物質は存在しないと回答した
熱でも水でも変成しないという高濃度の女性ホルモン液を開発し
コウモリに焼夷弾を背負わせて日本家屋に放火する計画
小麦粉と区別がつかない食べられる爆薬の開発
日本人が大便の臭いを嫌うとして洗ってもとれない大便臭の薬剤開発

などと次から次へとよくもまあ、さまざまなものをこしらえている。わしもここの仲間に入って大まじめで開発したい、と思ってしまう。

 だが、最後のは一体何か。日本人が大便の臭いを嫌う、って他の国の人は嫌いじゃないのか? しかも他は死んだりケガしたりするが、これだけはなんだかほのぼのとしている。その薬をかけられたらたまったもんじゃないのでかけられたくはないがな(笑)

 各国の諜報機関のおまぬけな部署の活躍を描くマンガなりアニメなりが作れそうだ。"ドイツは遂に洗ってもとれないうんこ薬を作りやがった!"、"なんだって? じゃあこっちは尿だ! 尿で行こう!" ……なんだか楽しそうな作品ができそうな気がする。


 シモに行くと際限がないので次にいく。自転車部隊だ。

 "走れ日の丸銀輪部隊"なんて歌があるぐらいだから、昔の軍隊には自転車の部隊がどこの国にもあったものと思われる。記事にもそんな事が書いてある。重要なのは自転車の武装だ。

機関銃や小型の大砲を搭載した自転車が試作されたり、イギリスでは槍を装備しての乗車突撃や、自転車を逆さに地面において車輪を空転させて敵騎兵を威嚇するといった戦術まで訓練された

 機関銃! 大砲! 自転車にか!? かっこいいぞ! 昔、フラッシャー付き自転車に心をわしづかみにされた世代は、自分の自転車に機関銃がついていたら大喜びだ。撃ったら反動でこけそうだがそういうことは気にしてはいけない。

 槍を装備するのは馬にランスをつけるのと同じか? Bicycle Joustが縮まってBijoustとかいう名前にして、エクストリームスポーツの一種みたいに… 妄想がどんどんふくらむ。

 で、最後の戦術だ。幼い頃、三輪車を逆さまにし、前輪を回しながら砂をかけ、アイスクリーム屋さん、などと称したことがある。なぜアイスクリーム屋さんなのかは今もって謎(笑)だが、あれみたいなもんか。目の前に現れた自転車の一群が全員一糸乱れぬ動きで自転車を逆さまにして車輪を空転させ始めたらわしだったら逃げます(笑) アイスクリーム屋さんの大群には負ける。きっと。


 今回は2つの項目を紹介したが、Wikipediaにはまだまだ驚異の項目がある。なんでそんなことをせにゃならん、と今だったら思える事柄が、昔は大まじめで行われていた。人間は最適な解を見つけるまで、いくつもの試行錯誤を行う。コンニチを生きるわしらには、将来の人たちを笑わせるだけの行為だとしても、その無駄に見える努力が、空回りする熱意が必要なのではないかと思った。

 明日、自転車をさかさまにして誰かをおびやかそう、とひそかに決意した。


 うそ。

|

« かのゆと | トップページ | こ~ちゃイラストワークス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/45435486

この記事へのトラックバック一覧です: 偽善者部隊:

« かのゆと | トップページ | こ~ちゃイラストワークス »