« キター!ミター!カッター! | トップページ | オリロー忍法帖 »

2009.09.05

不能レパード

 豹が絶滅寸前に。

 世の流れには逆らえない(笑)もので、わしもSnow Leopardにせざるをえなくなった。

…わけではもちろんなく。6月にUp-To-Dateプログラムの開始を見てからMac miniを注文した計画的な犯行というわけさ。

 ということで8月28日、Snow Leopardが出荷された。わしのもな。ところが、持ってくるはずのメール便が、29日来ない、30日来ない、1日来ない、2日… やっと来た。だが封筒に入ったDVDとペラい説明だけの簡素さ。箱にも入っていない。980円でアップデートできたのはこういうわけなのか。

 とっととインストール。今までは、インストーラを起動するとそのまま電源が落ちてDVDからブートしていたが、今回からは違う。他のアプリケーションは終了させられるものの、その場でファイルコピーが始まった。

 2回再起動した後、おなじみの世界中の言葉でようこそが出るムービーが始まる。だが、Snow LeopardのはLeopardのものと同じ。ちえー。

 今までのものとの違いは紹介しているサイトを見てもらうこととして、わしが一番感じた違いは、QuickTime Playerだ。今までと全く違う。黒くて簡素だ。しかも、DVでの書き出しができなくなってる。これはいかんと思ったが、QuickTime Player 7(なぜだかユーティリティに入っている)もインストールされているのでそっちでならできる。一安心だ。
 今までは、QuickTime Playerでファイルを書き出す際は、Appleに金を払ってQuickTime Proにする必要があったが、今回からないようだ。"ようだ"というのは確認できないから。システム環境設定内にQuickTimeの設定がないので、どうなっているのかわからんのよ。

 バグもいくつか発見している。mp4(多分H.264)ファイルを開くと、画面がフリーズしたまま処理が進行する。画面書き換えが狂った感じだ。Snow Leopardではムービーの再生にGPUを使うので、そのあたりで何か問題が発生しているのだと思う。
 まだ問題はある。AppleTalkでの接続に時間がかかるようになってしまった。床屋の看板みたいなダイアログが出てしまう。そして接続するのに数十秒。こりゃあたまらん。なんとかならんものか。

P.S.
 ダジャレを記録しようとBentoを起動したら、ただちにクラッシュする。FileMakerのサポートを見ると、2.0.5にすれ、とある。わしのは1.0v2だ。2.0以降にするには買い替える必要がある。ちえー。

|

« キター!ミター!カッター! | トップページ | オリロー忍法帖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不能レパード:

« キター!ミター!カッター! | トップページ | オリロー忍法帖 »