« 危険なそこへの旅 | トップページ | 美しいにはんご »

2009.11.05

正気機関車

 世界中の機関車が狂って人を殺し始めた。唯一狂ってない蒸気機関車が世界中をまわり狂気機関車を正気に戻していく物語…というのはどうか。

 以下、11月4日に見聞きした事について書く。

 7時起き。テレビのニュースを見て(…って旅行に出たときぐらいしか見ないな。テレビニュースは)から飯のためホテル1階に降りる。おばちゃんがいる。めしはこのおばちゃんが作っているものとみた。
 シウマイ、里芋、高野豆腐、玉子焼きなどを取り、飯を2杯喰う。食後はタダのペプシを飲む。

 今日は帰宅しよう、と思う(なんか家出してるみてえだな) 旅疲れが出てるしな。風呂入って荷物をまとめて出る。チェックアウト時刻が10時で、5分前に出た。ぎりぎりすぎる。

 新大阪駅まで歩く。そこから新快速で京都まで。

 京都駅で荷物をコインロッカーに突っ込み、駅前バス停へ。205系統金閣寺北大路行きに乗る。運転手の諸説明の調子がいかにも京都。素晴らしい。

 梅小路公園前で降りる。徒歩で梅小路蒸気機関車館へ。入り口が旧二条駅。素晴らしい。しかも蒸気機関車を保存している建物はかつて蒸気機関車を運用していた扇型車庫。転車台も健在だ。素晴らしすぎる。


 10両以上の蒸気機関車がずらりと並ぶ光景は壮観だ。かっこいい。こないだSLばんえつ物語号に乗った時も思ったが、動態保存されている機関車は生きている。狂ったように写真を撮りまくるが、大勢の子供が機関車の写生などをしている横ではいろいろはばかられます(笑)

 1時間ほどで梅小路蒸気機関車館を辞し、来た時とは逆方向のバスで京都駅まで。京都駅でエクスプレス予約にアクセスし、こだまのチケットを取る。のぞみでもよかったが、わざとこだまにした。

 自分へのみやげに551蓬莱の豚まんを買おうと思って八条口へ行ったが、行列ができていて、こだまに間に合わない。あきらめる。弁当と生八つ橋を買って新幹線に乗る。

 こだま658号で3時間25分の旅。だら〜としてたりチャットしていたらあっという間に新横浜に到着。新横浜でEX-ICカードとVIEW Suicaを重ねて自動改札にタッチしたところ、チャージされていないという警告が。オートチャージではなかったのか…と思ったが、新幹線はJR東海。JR東日本のオートチャージは通用しない模様だ。改札内にチャージ装置があったので1000円分チャージ。

 横浜線で町田まで。町田着後とらのあなへ行って、注文していた同人誌を受け取る。旅行中に届いていたが、手も足も出なかった。これなら大阪で受け取るというテもあったが、エロ同人誌を旅先で受け取るのもどうかと思ったのでやめといた。

 さらに、東急百貨店にも寄り、崎陽軒で横浜チャーハンを買う。そのまま小田急線に乗って海老名に。

 駐輪場代はなんぼ取られるかと思ったが、700円だった。タクシーを使うより全然安い。

 帰宅。今回は三泊四日。人生3位の旅行期間だったが、思ったより疲れた。来月はさらにでかい旅を計画中だ。一体どうなりますことやら。

|

« 危険なそこへの旅 | トップページ | 美しいにはんご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/46683495

この記事へのトラックバック一覧です: 正気機関車:

« 危険なそこへの旅 | トップページ | 美しいにはんご »