« ボロは着てても心は儀式 | トップページ | 大いなる掘りデイ »

2009.12.17

甚大月謝

 月々100万円。

 たぶん、5年ぶりくらいだと思うが、北へ向かう寝台列車に乗っている。帰省のためだ。となると体が鉄でできている人ならば、わしの実家からあけぼのに乗っていると思うかもしれんが、あけぼのはまだ発車していないことに注目したい。

 乗っているのは北斗星。上野札幌間を走る寝台特急だ。今回はソロ(B寝台個室)で函館まで乗る。
 実家を通り越してしまうがさあお立ち会い。北斗星は仙台の次は函館に停まる。青森駅は通りもしない(東北本線と津軽線の短絡線を通る) で、函館で前から訪れないといかんと思っていた青函連絡船を見て、青森に戻ってさらにそこでも連絡船を見て、そして実家に帰ろうというたくらみだ。

 北斗星に乗るにあたっては、日本一の寝台列車サイトほどちゃんの島が大変役に立った。かつてあかつきや銀河に乗るときもこのサイトを参考にしたものさ。

 でまあ、北斗星にはシャワーがついている。予約が必要なので上野発車直後に食堂車に行ったが、遅い時間は埋まり気味。仕方がないので21時から予約した。

 現在、大宮を過ぎたというのに検札もまだ来ていない。よって弁当を使えない。弁当を食いながらあたふた検札されるのはイヤだからな。

|

« ボロは着てても心は儀式 | トップページ | 大いなる掘りデイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/47045812

この記事へのトラックバック一覧です: 甚大月謝:

« ボロは着てても心は儀式 | トップページ | 大いなる掘りデイ »