« 郷里大輔が死んだ | トップページ | パールのような米で »

2010.01.20

ニトリ旅

 タイトルは全く内容に関係ない。

 21エモンが最初に宇宙旅行(詐欺に遭ったり強制労働させられたりする)して、地球に帰り着いた翌朝、自分の家に帰った事を実感して喜び、もう服を着るのもめんどくせえほどだらだらする、というのがあった。

 わしも同じ事が起った。面白いのは、旅行中はじぶんちの事など全く思い出しもしないのに、帰った途端旅行前の日常にスッ、と戻っていることだ。

 今思うと、あの旅行中の状態が非日常なのだが、旅行中はそれが日常になってしまう。人間の適応能力のなせる技か。

 面白いのは、実家に帰った際はまた違う感覚がある、ということだ。うまく言えないが、アジトと実家がひとつらなりの日常になっている、というかそういう感じだ。

 毎日こつこつやってる作業を、たまった状態で一気にやることのなんとめんどくさいことか。旅行中にたまったネットラジオの変換やらえろげムービーのダウンロードやら、それに加えて旅行中の写真の整理もある。服は着てないがだらだらしているわけでもないな。

 旅行中、ニュースサイトのRSS配信も完全に無視していたので、馬に喰わせるほどニュースを読まなければならない…わけでもない。ほとんどすべての記事が、別に読まなくてもどうということもないものだ。実家の大雪だけはしょっちゅうチェックしてたがな(笑)

|

« 郷里大輔が死んだ | トップページ | パールのような米で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/47343295

この記事へのトラックバック一覧です: ニトリ旅:

« 郷里大輔が死んだ | トップページ | パールのような米で »