« 神戸、和歌山浮遊の旅 | トップページ | 旅に病んで夢はカルノーを駆けめぐる »

2010.01.19

What You Leave Behind

 以下、1月18日に起った出来事について書かれている。

 6時40分に起きる。ちょいと支度してから1階に降りてめし。食い終わったらとっとと返して支度続ける。

 7時45分出発。新大阪駅までは歩いて10分。7時59分発の新快速に乗って野洲まで。そこで普通列車に乗り換えて近江八幡着9時14分。近江鉄道に乗換える。ちょうど米原行きなので乗り換えがいらない。9時33分発、目的地の豊郷には10時6分着。

 豊郷駅から歩いて豊郷小学校に向かう。15分はかからずに到着。あいもかわらずけいおん!と同じ。笑ってしまう。
 2度目なので手早く部室へ。前よりアイテムが増えている。大変な世界に突入しようとしているのではないか。ノートに2度目訪れた事を書いておく。
 前回来た時は、空模様が優れなかったが今日は青空、外からの写真を中心に撮る。
 図書館に行き、某知り合いのI名さんの同人誌見本が置かれていることを確認。
 講堂にも行く。どれもこれもいい建物。昔の建物好きなわしには大満足。

 列車の発車時刻が迫るので駅に向かう。豊郷発10時57分。彦根着11時14分。JRに乗り換えるが待ち時間がまだあると思っていたらすぐ来る。11時16分彦根発。米原11時21分着。

 次々と列車を乗り継ぐ。ここからはJR東海。11時30分米原発。12時4分大垣着。大垣に着くのがなんだかわからんが少し遅れた。大垣直前で徐行したからだ。
 さらに列車は接続し、新快速が12時10分大垣発。12時21分岐阜着。ここからは名古屋鉄道に乗る。

 岐阜には初めて降り立ったが、JRの駅と名鉄の駅はわりと離れている。案内図をみながら移動。名鉄岐阜から各務原線で犬山へ向かう。

 名鉄岐阜発12時45分発…のはずだが数分早く発車。これはおかしいと思って調べたところ、各務原線ではなく名鉄本線に乗っていることが判明。しかし引き返せないほど走ってしまったので、途中名鉄一宮で特急に乗って名鉄名古屋まで行き、そこから犬山線で犬山に向かう事にする。岐阜で乗り換えた意味が完全に消滅した。
 これが初名鉄なのだが、名鉄の路線はややこしいばかりか、車内で乗り換えの案内もしねえ。かなり困った。
 紆余曲折あって14時15分頃犬山到着。コインロッカーに荷物を預け犬山城へ向かう。

 徒歩で20分。犬山城到着。入城料500円を払い天守閣に登る… 目が回って登れない。どこの天守閣もそうだが、階段の角度が急すぎる。這うように上り、なんとか最上階へ。犬山の景色を見るが足がすくむ(笑)
 とっとと這うように城から降りて場外へ。入城料でからくり館と犬山市文化史料館に入れるので行ってみるが、それほどいいもんなし。からくりはもっと動けばいいのに、と思ったが、手作りの人形を一日中動かし続けたら、その日に寿命が来るような気がせんでもない。

 まったく知らなかったが、4月に犬山祭というのがあって、車山が出て練り歩くらしい。ビデオを流していたが面白そうだ。ここに来る理由がまた増えた。

 犬山駅まで戻り、犬山線で名古屋まで。

 ここいらへんで急速に体調悪化。おとといくらいから顕著になり始めたが、疲れが腎臓にきているような気がする。判断力低下の乗り間違いや切符紛失も起こり始めた。このまま旅を続けるとまずい気がものすごくしたので、このまま帰宅することにする。といっても、明日には帰宅する予定だったので1日短縮するだけだ。

 名古屋駅に着いて、ホテルにキャンセルの連絡をする。名古屋にしかないものを喰おうかとみそかつ屋に行く。みそかつを喰っている間に気付いたが、みそかつ屋はアジト近辺にもいくつかある。ここはあんかけスパゲティを喰うべきだったのではないか。これも判断力低下がなせる技か。

 コメダに移動し、帰宅プランを作る。モーニングセットにならない時間帯にコメダに来たのは初めて。よって、飲み物に付く豆を喰うのも初めてだ。
 19時22分発のひかりに乗る事を決める。のぞみも多く走る時間帯なので、自由席でも大丈夫だとふんだ。

 コメダを出てみやげなど購入。こないだの博多ぶらぶらとの喰い比べをしようと赤福を買う。買ってから気付いたが、赤福は先日駅弁大会で喰ったのではなかったか。これも判断力(ry

 19時22分名古屋発。ネットラジオを聴いているとあっという間…たった1時間12分で20時34分小田原着。小田急線に乗り換える。20時42分小田原発。21時23分海老名着。

 もう疲れも限界な雰囲気。タクシーで帰宅。これで8日と12時間半の旅が終了した。

 すぐ布団に入りだらだら。寒かったので風呂に入る。寝る。

P.S.
 もうちょっとだけ続くんじゃよ。

|

« 神戸、和歌山浮遊の旅 | トップページ | 旅に病んで夢はカルノーを駆けめぐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/47337300

この記事へのトラックバック一覧です: What You Leave Behind:

« 神戸、和歌山浮遊の旅 | トップページ | 旅に病んで夢はカルノーを駆けめぐる »