« 再びほうれん草のごまそぼろ炒め | トップページ | 年金両用眼鏡 »

2010.03.22

回線問屋の野望

 3月10日、ADSLが新しくなった。2月上旬に@niftyから電話がかかってきて、ADSLを新しくすることにしてから1ヶ月、遂に工事の日とあいなった。

 ADSLを切り替えるにあたり、さまざまなことが電話だけで決まったので、ダンドリがよくわからん。しばらくするとニフティのユーザサポートにADSLをどうこうする表示が現れたり、イーアクセスから葉書が送られてきたりした。

 だが、ニフティとイーアクセスとで言ってる事が違う。ニフティのサポートページでは、既にフレッツADSLに入っているのでイーアクセスに連絡しろとあり、イーアクセスからきた葉書にはニフティのサポートに電話しろ、とある。わからんので両者に電話してみたところ、フレッツADSLを自分で解約し、工事日をイーアクセスが指定した日にしなければならぬことがわかった。
 すぐNTTに電話し、フレッツADSLをやめたい他社のにしたい工事日は3月10日にしたいと告げた。

 で、数週間待ったわけだが、その間は何もなし。ニフティのサポートが工事待ちになったので、滞りなく進んでいるのだろうと判断した。だが、3月10日が迫っても、送ってくると言っていた文書やモデムが到着しない。これは一体何なのか。

 結局何も送られてこないまま工事日を迎えた。10時頃運送屋がモデムを持ってきてちょいと安心した。だが当日かよ。箱を開けてモデムを確認。この段階で、モデムの素性がわかった。ルーター内蔵型で無線はオプションになっていてスロットだけついている。スプリッタは不要で、電話機はモデムにある電話線のコネクタに直接接続する。何も機器を追加する必要はないし、NTTから借りていたVoIPアダプタは返すことができる。

 昼過ぎ、モデムが送られてくる日は3月10日です、と書かれた葉書が来た。ブツが来てから通知がくるのはどういうことなのか。

 NTTのハナシによれば、午前中に工事が行われるということだったので待つ。だが切断されるとかそういうことは起こらない。これは一体どういうことなのか。結局、午後2時を過ぎた頃、チャットでIPアドレスがイーアクセスのものになっているという指摘を受け、工事が既に完了している事に気付いた。

 全く知らなかったが、今まで使っていたADSLモデムの設定でそのままイーアクセスにつながっていたようだ。そういうものなのか?

 モデムを交換し、再設定をする。今までのIPアドレスが若干変わるので、エイリアスが全部使い物にならなくなる。それはめんどいがエイリアスを作り直してことなきを得る。最初にモデムを起動した時刻に@niftyメールに開通の報せがきている。奴らにはわしの行動がツツヌケということなのか。

 IP電話の設定がうまくいかない。わしの回線契約はダイヤルなので、パルスを出さなければならない。今まで使っていたモデムは、IP電話でなく普通の回線を使う場合、電話機が出すトーンをモデムがパルスに変換してくれていた。だが、新しいモデムはちょいと事情が違う。設定を変えればIP電話はトーンでいけるのだが、普通の電話回線はあくまでもパルスを使わなければならない。自動変換はしてくれない。
 新しいモデムはNEC製だが、古いモデムはNECのOEMだ。なので設定画面がすごく似ている。なのにこういう細かいところで内容が違う。でも新しいモデムの方は古いモデムに比べて数年後に出ている。これは改悪されたということなのか。
 結局すべてをパルスで運用することにした。電話はあまりかけんので、電話番号の入力速度が遅くても問題はあるまい。

 このIP電話の設定をしている間、何かいじるたびにモデムをリセットする必要があったのだが、8割方リセットに失敗した。沈黙したままかえってこないのだ。仕方がないのでACアダプタを外して10数えてからつなぐ。これを10回以上はやった。めんどい。

 ADSLが変わった翌日、VoIPアダプタを返しに行くため家から外に出ると、横になにやら封筒がころがっている。@niftyスタートアップなんたら(とねんきん定期便) なんで落ちてんのよ?
 ニフティから送られてきたスタートアップなんたらは、ADSLの設定を自動で行うソフトが含まれていたが、1日遅いわ(笑) もう全部手動でやってしまった。

 それから10日以上経つが、問題は発生していない。多少接続速度が上がっているのはうれしい。だが、今回のめんどくさい作業の効果が現れるのは、むしろこれからだ。まずキャンペーン期間なので、1ヶ月接続料が無料になる。また、フレッツADSLの接続料と、VoIPアダプタのレンタル料がなくなる。これでなんぼかでも家計の節約になるはずだ。

P.S.
 VoIPアダプタは、どうせこんなもんは数年も経てば新しい機種が出て古いのはゴミ同然になるとふんでレンタルにしたのだが… 計算してみるとレンタル料は3万円。新品を買うと1万5千円。高くついた。結局新しい機種は出ないまま、NTTは7年間同じ製品を売り続けている。

P.S.2
 VoIPアダプタについてるACアダプタのリコールがおととしくらいにあった。NTTから送られてきた文書に、2006年製造のものとあったのでまったく無視していた。わしわ2003年からこの製品を使っているのだ。しばらくしたらNTTからACアダプタを調べろとの電話が来た。調べるまでもない旨伝えたが… NTTは顧客の製品がいつ製造されたものかは把握していないのだろうか?

|

« 再びほうれん草のごまそぼろ炒め | トップページ | 年金両用眼鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/47875558

この記事へのトラックバック一覧です: 回線問屋の野望:

« 再びほうれん草のごまそぼろ炒め | トップページ | 年金両用眼鏡 »