« 日本のショック問題 | トップページ | 回線問屋の野望 »

2010.03.20

再びほうれん草のごまそぼろ炒め

 先日モラタメでもらったキッコーマンの、"うちのごはん ほうれん草のごまそぼろ炒め"。もう作るのも5回目になろうとしている(笑) くいすぎのような気がせんでもないがうめえので許せ。

 5回目にして初めて下ゆでなしで作ってみた。ほうれん草を下ゆでした時のように切って、ひき肉を炒めた段階で投入する、という方法だ。

 まずわかったことは、フライパンは1回り大きなものが必要だということだ。投入時のほうれん草はナマなので、かさが多い。なので、あからさまにフライパンから余る。わしわ2回に分けて投入した。

 くってみた所、ほうれん草自体はまったく問題ない。アクが残るのではないかと思ったがそんなことはなかった。

 唯一心配なのは、ほうれん草は蓚酸を多く含むので、石ができる可能性が高まるということだ。ほどほどにしといた方がいいのかもしれない。

 だが、うちの目の前の畑にある無人販売に、毎日ほうれん草が並ぶのよ。こりゃあ困った(笑) どうすればいいものか。

P.S.
 1回目の調理に関しては、ここに書いた。

|

« 日本のショック問題 | トップページ | 回線問屋の野望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/47861825

この記事へのトラックバック一覧です: 再びほうれん草のごまそぼろ炒め:

« 日本のショック問題 | トップページ | 回線問屋の野望 »