« 日本虚構ゲーム | トップページ | どこにでも差す光 »

2010.03.13

うちのごはん ほうれん草のごまそぼろ炒め

 モラタメというサイトがある。貰う+試す、がサイト名の由来だ。文字通り、メーカーが新たに作った製品などを貰えたり、安価で試す事ができるサイトだ。くいもんも多く挙がるので、わしわ常時監視しているのさ。

 今回はキッコーマンから出ている、"うちのごはん ほうれん草のごまそぼろ炒め"が試せるので、応募してみた。

 この時期、ほうれん草は大変安価になってくる。試すためにほうれん草を仕入れようと思って知った知識だ。しかも、今日は農協の直売所に行って新鮮な物が手に入っている。キッコーマンからのブツが届くのが遅れた場合、ほうれん草はゆでて冷凍しとかんといかんなと思ってたら今日届いた。

 早速調理する。一人暮らしはこういう点で便利だ。急にメニューが変わっても怒る人はいない(笑)

 まずはほうれん草をゆでる。パッケージの調理法にはゆでないでいい、と強調されている。手間がかかる事は、この製品のコンセプトからすると駄目だからか。だがわしわゆでます(笑) その方がアクがぬけてうまいだろうからな。

 ほうれん草を初めてゆでたのだが、何てことないな。湯を沸かして塩を入れて、根の方から入れて15秒くらい、それでしなっとなって切りやすくなる。この下ごしらえも10分とかからなかった。

 ここでどこからか豚ひき肉100グラムが登場。駅前の店で安く買っておいたものだ。それを炒める。わしわあらゆる炒め物に酒を混入すると決めているので酒をしゅっと。

 ひき肉は簡単に炒め終わる。そこに"うちのごはん ほうれん草のごまそぼろ炒め"のパッケージに2つ入っているソースをかける。にんじんと春雨が入っているというがあまり感じない。

 ソース軽く混ぜ、そこにゆでておいたほうれん草を投入。ずしゃああ、と炒める。あらかじめゆでてあるのであまり火を通さないようにしてできあがり。簡単だ。材料準備時間も含めて総時間20分もかかってない。

 くってみたが、ソースをちょいとなめた時に感じた甘さやごまのくどさは薄まったことによりなくなって、ほうれん草の甘さとあいまってとてもいい感じ。これは飯のおかずにも酒のアテにもいい。ただし、飯は熱いのをたのむ。

 まだ6袋半と、なぜか1袋だけ入っていた"なすのみぞれ炒め"がある。短期間でこんなにほうれん草を食ったら肝臓とか腎臓によくないような気もするのでゆっくり喰っていくことにしたい。賞味期限は10月までだし。

P.S.
 ソースに混入されている春雨と人参は、ほうれん草を少なくするかわりに入れてもいいような気がする。パッケージ裏にも、さつまいもと豚肉の甘辛きんぴら、というなんとも喰いたいレシピが載っている。これらも試したいところだ。

P.S.2
 キッコーマンのサイト内に、数々のレシピが載っていた。どれもこれもうめそうすぎる。

|

« 日本虚構ゲーム | トップページ | どこにでも差す光 »

コメント

こいつは良いサイトを教えてもらったぞ!

投稿: いろは | 2010.03.14 00:16

 今まで数十回貰おうとしたが、ことごとく貰えてない。実は試すのも今回が初めて

投稿: をかのゆ | 2010.03.14 00:51

なんですって!?

投稿: いろは | 2010.03.14 11:27

何故か「ほうれん軍」と空目した

投稿: ヅラえもん | 2010.03.15 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/47801378

この記事へのトラックバック一覧です: うちのごはん ほうれん草のごまそぼろ炒め:

« 日本虚構ゲーム | トップページ | どこにでも差す光 »