« ねこんだ | トップページ | 焚書偽造 »

2010.04.18

中世保険制度

 タイトルは貧乏人から金を集めて貴族が医者にかかれるようにする仕組みのことか。

 健康保険がいつの間にか(笑)失効していた。12日までに健康保険組合に金を払わないといけなかったらしい。

 あーしまったこれからどうなるか、と思ったその週末に体調を崩し、熱による関節痛でキーボードの操作もできないアリサマ。医者にかからぬと命の危険もあるのではと不安になったので、多分失効しているだろうと思いながらその保険で医者にかかってみた。受付はスルー(笑)

 その後、特に発覚する事もなく注射をうたれ薬をもらって帰宅。帰宅途中体調悪化の時しか食えぬもの…プリンをしこたま購入。1日3個喰う所業。ひとでなし。

 で、昨日17日土曜日になって、健康保険組合から健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書とか言う、お経みたいな長い名前の書類が届いた。ちょうどトイレに立った時に郵便受けに入ったのがよかった。タイミングがずれてたら国民健康保険に入るのが月曜日になっているところだった。

 国保の手続きをする市役所は第1第3土曜日は開いている。だが12時まで行かなければならない。元々病院に行くつもりだったが、市役所と一緒に行けば手間も省ける。よって急行した…かったが、足に力が入らないめまいがする暑いで、自転車をこぐのも大変だ。

 市役所に着いて手続きをする。現在は、国民健康保険料の減免措置中なのでまけてくれるのを期待したのだが、それには雇用保険受給資格者証が必要なのだという。ハローワークに持って行くアレだ。コンチクショウそれはさっきいらないものと思って家に置いてきた。だが、保険税を払うのはしばらく後になるので、月曜日に持ってきても問題はないという。これで勝つるか?

 それはそれとして、保険証が来るのにまだ数日かかるという。それまでの間使えるという、国民健康保険被保険者療養給付受給資格証明書という、戦隊ロボの必殺技名みたいな名前の紙をくれた。これを病院で見せ、"実は保険が変わっていたんぢゃよ"などと言ったところよきにはからってくれたよかった。

 次は月曜日に減免の申請に行く。今までの健康保険の場合、月額27000円くらい払うものだったが、国保では8000円になる模様。1/3以下なのかよ。家計がなんぼかでもラクになるかと思いきや… 月に使う金が減るだけて、自分が使える金の割り当てを増やすわけではないので厳しさは変わらない…いや、変えないことにしときたい。この男甘やかすとロクな事しやしねえのはこの何十年かでよくわかってる。

P.S.
 体調はぐんぐん回復。関節痛を抑える薬をのんだら眠りまくりになったからだな。体調が悪くない、ということは素晴らしいな。だが今日は体をなめないでプリン喰って横になるのさ。

|

« ねこんだ | トップページ | 焚書偽造 »

コメント

国保で安くなることを知らなくて、継続で年額払っちゃったゼw
まぁいーや

投稿: ヅラえもん | 2010.04.18 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/48117217

この記事へのトラックバック一覧です: 中世保険制度:

« ねこんだ | トップページ | 焚書偽造 »