« 拳銃は介護の武器だ! | トップページ | 被験公開 »

2010.05.27

引き締めジンジャー

 先月なかば、モラタメで、カネボウ化粧品の引き締めジンジャーなる製品が安価で試せるようになっていたので申し込んだ。

 ほどなく30本の飲料が届いた。だが、実家にしばらく帰る予定だったので、試すのは後回しにしてとりあえず保管しておくことにした。

 そして先週実家から帰ったので、毎日1本づつ飲むことにした。飲んでみた感想を述べてみたい。

 まずは味だが… 決してうまくはない。かといってまずいわけでもない。こういう健康飲料にありがちな中途半端な甘味と、トウガラシとかショウガとかと同じ辛味が口の奥咽の入り口あたりに残る、といった風味だ。

 次に注目するのは… 量か。はっきりいって少なく、100mlしかない。もっとも、この辛味が500ml分とか続いたらちょっと嫌なのでこれくらいでいいのかもしれない。

 今回はタダで貰っているが、店で買うと1本税込み210円。微妙な値段だ。この価格帯ならトクホであってもいいようなものだが、認可は受けていない。

 缶に書いてある事柄にも注目してみたい。説明には、

引き締めジンジャー(天国の種)は、西アフリカ生まれの味を引き締めるショウガ科の素材。13世紀頃からヨーロッパでスパイスとして使われてきました。トウガラシの成分(カプサイシン)より辛味が少なく、高い健康パワーに注目した新素材です。引き締まった毎日をサポートします。

とある。引き締められるのが"味"と"毎日"で、体ではないことがポインツだ。体と書くと薬事法の範疇に入るから書けないのか? 説明のすぐ下には美容食品と書かれているので、健康飲料風の清涼飲料(オロナミンCとか)とは違う方向を向いている商品である事がわかる。

 公式サイトを見ると、姉妹品としてソフトカプセルも載っている。より薬っぽい… が食品。肝油のような感覚か。

 公式サイトからリンクしているプチトレClubというのがある。これは、アバターを登録して消費カロリーを入力するとアバターがやせていく、という仕組みになっている。アバターがやせてもプレイヤーがやせない、という現象が起こりそうな気がしてならんが、それはいいのだろうか? わしわアバターとか好きじゃないので、プチトレClubは利用しないことにする。

 薬ではないので、飲んで何か効き目がある、ということは感じられない。飲んだ後、試しに自転車で1時間ほどひとまわりしてみたら… ものすげえ発汗。ナニコレ。これが効き目か? といっても、最近暑くなってきているのでそっちのせいなのかもしれんが、帰宅後風呂に入らんとどうしようもないほどに汗をかいた。パッケージにも、燃える体脂肪×高まる代謝力とある。

 ということでここからしばらくの間、引き締めジンジャーを飲んで自転車に乗る生活を続けてみたい。1ヶ月後どうなってるものか。あまり変わらないような気もするが、体を動かすのはいいことだ。これでひきこもり生活ともオサラバかもな。

|

« 拳銃は介護の武器だ! | トップページ | 被験公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/48471347

この記事へのトラックバック一覧です: 引き締めジンジャー:

« 拳銃は介護の武器だ! | トップページ | 被験公開 »