« 未知への避暑 | トップページ | 月の家勉強 »

2010.07.31

牛肉とたまねぎのトマトカレー炒め

 モラタメにオカズ系のくいもんが出ると、必ず試したりもらったり(を試みたり)する。今回は、トマトすき焼き鍋 鍋用スープ/甘熟トマト鍋 鍋用スープ/トマレピ2種4個というのを試した。

 1週間ほど前にブツは届いていたのだが、忙しかったりなんだりで、試すのが遅れていた。まず最初にやってみたのは、牛肉とたまねぎのトマトカレー炒めだ。

 材料は牛肉150g、たまねぎ150g、そしてソース(この商品)だ。肉はパッケージを見た所青椒肉絲っぽい雰囲気もあったので薄切り肉を用意した。

 作り方は簡単だった。繊維方向に切ったたまねぎ(焼肉屋で出てくるような感じだ。ただし輪は切って解除)を炒める。たまねぎはこのテの料理で丁度いいぐらい…としかいいようのない硬さになるまで炒める。その後牛肉を加え、肉の色が変わったらソースをからめて出来上がり。

 くってみたところ、カレー能力はあまり高くない。カレーの風味がトマトに負けている感じがする。だがちゃんと喰った時の爽やかな辛さはある。この辛さは夏にはいいと思った。とにかくまずトマトの風味が来て、それに隠された感じでカレーの辛さが来る。幼い子供には向かないが、小学校高学年ぐらいの、辛さが分かってきた子供にも受けると思う。
 米がなんぼあっても足りない感じの食い物なので、いっぱい炊いておくべきだと思った。3合炊いて半分くった(笑)

 パッケージにあるアレンジメニューには、鳥肉としめじを使ったレシピもある。これもうまそうなので、あと1箱はそっちで試すか。

|

« 未知への避暑 | トップページ | 月の家勉強 »

コメント

ハヤシ…とは違うのか。

投稿: Tabby | 2010.08.01 11:06

 コクのある感じじゃない。あくまでもトマトの風味が中心。そこにカレーの辛さ。

投稿: をかのゆ | 2010.08.01 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/49023475

この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉とたまねぎのトマトカレー炒め:

« 未知への避暑 | トップページ | 月の家勉強 »