« トマトすき焼き鍋 | トップページ | ひとりよりぶらりがいいさ »

2010.08.30

豚肉となすのトマト味噌炒め

 さて、モラタメから送られてきていない商品も今回が最終回。今回喰うのは"豚肉となすのトマト味噌炒め"だ。

 牛肉とたまねぎのトマトカレー炒め、豚肉ともやしのうま辛トマト炒めに続いて試すこの製品。トマト+味噌は一体どう作用するのか。とても気になる。だが、なす+肉+味噌はうめえのは周知の事実。あとはそれにどうトマトがからんでくるのか、だ。

 パッケージを見ると、肉を炒めてからなすを入れる事になっている… が、茄子は炒めるのに時間がかかるのでこれはいかんのではないか、と思ったのでバラで炒めて後から合流することにした。まずはなすを炒める。味噌炒めはよく作るので炒め加減はお手の物… と思ったがちょいと炒めすぎたテヘ。

 そして豚肉を炒める。豚肉はちゃんと焼かないとあとで苦しむことになるのは周知の事実。火が通った事を確認してなす合流。ソースをまぜてできあがり。

 みるからに、においをかぐからにうまそうだ。くってみる。

 …トマトだ。だが味噌だ。通常の味噌炒めにあるこってり感はあまりない。トマトのさわやかさが加わっているためだと思われる。このシリーズの商品の感想で毎回言ってきたが、これもまたアリだ。

 カレー炒めはカレーの辛さ+トマトのさわやかさ、うま辛炒めはトウガラシの辛さ+トマトのさわやかさだったのに対し、これは味噌のコク+トマトのさわやかさ、といったところか。
 今までもそうだったように、これもまた飯にあう。がんがん喰って2合に届く勢い。うめすぎました。

 食欲が減退するこの時期。ちっとも減退してねえわしですが、それは今月試したこの製品シリーズにあったのかもしれない。

 今回、モラタメによって、カゴメのトマレピ!シリーズを知ったわけだが… 知ってよかった。これはうまい。近くの店だけではできんが、全種類喰い比べもやってみたいと思う。

 機会があれば、また>モラタメ、カゴメ

|

« トマトすき焼き鍋 | トップページ | ひとりよりぶらりがいいさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/49298795

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉となすのトマト味噌炒め:

« トマトすき焼き鍋 | トップページ | ひとりよりぶらりがいいさ »