« 道化のわが家 | トップページ | 泣いて和食を食う »

2011.01.12

桃太郎 海のせんべい

 タイトルが苦しすぎる事に関しては関知しない方向に閣議決定したとさっき青島幸男が国会で言ったのだこれでいいのだ。

 玉子せんべいが好きすぎたので、家で作ってみることにした。で、たったいま喰った…

 何か違う…

 玉子せんべいというのは、関西で祭りの出店などで売っている喰いもんだ。画像ググると出てくる、たこせんべいの上にソースを塗り、その上に揚げ玉をちらし、目玉焼きを乗せた後、マヨネーズをかけたものだ。口で言うとあまりうまそうに感じないが、祭りで供されるジャンキーな食い物の中でも最もジャンキーである、と言ってもいいと思う。よってわしにはうまく感じられるのだ。

 さっき作ったものは、昨日までえべっさんで喰ったものとは喰った感じも味も違っていた。材料が一部違うのだが、それが原因なのかもしれない。違っているのは、たこせんべいが手に入らないので、えびみりん焼きを使ったことと、揚げ玉がなかったので天かす(イカ入り)を使ったことだ。

 たこせんべいとえびみりん焼は何が違うのだろう? 見た目は似ているがようわからん。というのも、たこせんべいを素で食ったことがないからだ。

 天かすの方は単体で喰ってみてわかった。うますぎるのだ。シンプルな揚げ玉の方がいいのかもしれない。

 さらに、うちにあるマヨネーズはカロリーが抑えられた製品だ。このテのジャンキーな食い物にはより体に悪い方がうまい(笑)ので、関係あるのかもしれない。

 玉子せんべいは月になんべんかは喰いたい味だ。だが自分で作るとニセモノになる以上、ホンモノを探さなければならない。ところがたこせんべいなど関西以外で見た事がない。ホンモノの材料を探してきたとしても、うちではやっぱり違う味になるような気もする。祭りのハレの場で喰うものに、ケの場の食い物がかなうとは思えない。

 玉子せんべいのリアルな(笑)レシピや材料について知ってる人はコメントしていただきたい。

|

« 道化のわが家 | トップページ | 泣いて和食を食う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/50568250

この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎 海のせんべい:

« 道化のわが家 | トップページ | 泣いて和食を食う »