« 持った湯飲みをばったと落とし… | トップページ | 農協物語 »

2011.01.25

ファイナル弁当

 今日で、駅弁大会が終わった。わしわ先週の金曜日に訪れたのが最後だったが、そこでは1回目行った時には買わなかった定番を中心に買い求めてみた。

 駅弁大会に行く前に、飯田橋のあおもり北彩館に行っていた。スタミナ源たれの上北農産加工が出しているバラ焼きのたれを買うためだ。うまいものに限りなし。

 バラ焼きのたれを2つ買って新宿に引き返す。そこから一気に定番の弁当を買いまくる…のだが最初は気になっていた近江牛すき焼き弁当。近江牛はおととし近江八幡に行った時以来か。

 そしてここからは定番を行く。まずは氏家かきめし、そしてその隣のいわしのほっかぶり寿司。大将の今日はづけがうまい、という言葉とともに出てきた試食を食ったらうまい。いわしとさんまが半分づつ入ってるのにする。その後はこないだ買わなかった甲州かつサンドの鶏。豚はからしがついてくるが、鶏は柚子胡椒。どう違うか味わいたい。
 シメは当然飛騨牛しぐれ寿司しかあるまい。毎年買っているが、牛肉の弁当としては、およぎ牛弁当と並ぶうまさだ。

 弁当を買ったからといって、うまいものの手を抜くことはしない(笑) まずは善光寺おやき、続けて二三四屋のだんご。

 さあこれで終わりか、と思って会場から出ようとしたところ、先日は並んでて食えなかったホワイトチョコレートソフトクリームに列がない。食うしか。
 食っている間、駅弁大会を観察。今年の対決は、やはり海鮮ひつまぶしの圧勝だった。うめかったしな! 新青森を訪れた際(実家に帰るたびに訪れそうだが)にはまた買い求めたい。

 そういや先日見た、ジョイまっくすに声が似た大将がいる甘納豆屋芳房堂にも行ってみた。こないだから気になっていた、しょうが糖を買うために。これは、しょうがを甘納豆の製法で作った物(多分)だ。大将はいなかったが、店の人からうまい食い方として、湯に漬けてしょうが湯にする、というのを教わる。帰ったらやってみなければ。

 これにて今年の駅弁大会のは終了。夏から積み立てていた予算をオーバーしてしまった。来年はもっと早くから積み立てないといかんな。

P.S.
 亡き二四三屋の田村艶江さんのありし日の雄姿が過去の駅弁大会に残っている。この店も孫が継ぐ事になって安泰か。飛騨高山に行った時には必ず食う。

|

« 持った湯飲みをばったと落とし… | トップページ | 農協物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/50686823

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナル弁当:

« 持った湯飲みをばったと落とし… | トップページ | 農協物語 »