« トマぽん | トップページ | 先月はいい月にならないだろう »

2011.05.30

トマト料理の素

(前回からの続き)

 モラタメからきたトマト料理の素 1個/かけるトマト(バジル&ガーリック、オニオン&チリタコス)各1個/トマぽん 4本の試しは続くよやほほのほ。

 今回は、トマト料理の素を使ってみよう。

 このトマト料理の素のふれこみは、かけるだけとか、まぜるだけ、というものだ。つまり、簡単に使えるということになる。実売価格は200円ちょっと。200円切って売ってるのも珍しくないので、割と気軽に使うことができる。

 パッケージは箱で、中に100gの袋が2つ入っている。使ってみた感じでは1袋2人前くらいか。ただし、つけ麺とかに使う場合は1袋1人前になってしまうだろう。

 今回は、公式サイトのレシピにも載っている、ピザライスを作ってみた。作り方は簡単。飯に混ぜるだけだ…といきたいところだが、もう少し香ばしさとかが欲しいので具と一緒に炒めてから素を混ぜることにした。
 いつもチャーハンとか作ってる要領でこしらえたので、難しい事は一切なし。具は、アスパラガス、ミニトマト、ピーマンとした。

 トマトの飯なので、チキンライスとかそういうものの味なのだろうと予想したが、かなり違っていた。トマトのコクが大きい。これがトマト料理の素の発動か。トマトひとすじになりつつあるカゴメの製品の中でも、最もトマトしているように思える(全部食ったわけではないので、もっとすごいのがあるかもしれない)

 この味は煮込み料理にも合うはずなので、次回は、鶏肉のトマト煮込みあたりを作ってみようかと思う。

|

« トマぽん | トップページ | 先月はいい月にならないだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/51806450

この記事へのトラックバック一覧です: トマト料理の素:

« トマぽん | トップページ | 先月はいい月にならないだろう »