« パワーマンガー | トップページ | 節電宙返り »

2011.08.31

滝口順平が死んだ

 日曜日、スカパーで放送されていた実写ヤッターマンを見た。役者はみんなしょーもないが、滝口順平は一人で全部を食ってしまう勢いで演じていて、あまりの楽しさに大笑いしたものだ。やっぱりすげえな、と思っていたところ… 月曜日夜、亡くなったニュースを見た。

 調べると、ぶらり途中下車の旅にここしばらく出ていなかったとの事。実はぶらりは7月アタマぐらいまでしか見ていない。確認すると、今月は滝口順平が出ていないことがわかった。

 最近、声が衰えたなあ。もう80歳だから仕方ないのか、と思っていたのだが、夏になると回復してきたので一時的な不調だったのだと思っていた。だが実際、それは最後の輝きであったのかもしれない。

 滝口順平を最初に気付いたのはどこでだろう。ネコジャラ市の11人…まだ物心ついてなくておぼろげにしか記憶にない… ブロッケン伯爵はあまり意識していなかった… 多分ビッケのスノーレではないか。その後にペラ助、ドクロベー…とタイムボカンシリーズでは定番の役どころで、この頃になると声優に関心を持っていたので、まいど楽し過ぎる名人芸にほれぼれしていたものだ。

 忘れられないのは早射ちマックだ。子供の頃、妙なすき間時間帯にやっていたので途切れ途切れに見て、確か滝口順平だったと思っていたところ、カートゥーンネットワークで放送され始めた。やっぱり滝口順平。そしておもしろすぎる演技。また放送してほしいものだ。

 マニアックな趣味がこうじて、昔の作品をさんざ見ていたのだが、滝口順平はよく登場していた。ボアジュースの歌など、一生忘れられまい。

 そして何といってもぶらり途中下車の旅だ。最初に見たのは3回目くらいの時、腹が痛くて病院に行った時、待合室のテレビでだった。滝口順平のナレーションがおもしろすぎて、それから今までずっと見る事になった。いいタイミングで腹が痛くなったものだと、今も思う。

 最近、アイゼンボーグを全部見る羽目になったのだが、滝口順平はこの作品にも出ている。主人公のチームの一員と、敵(恐竜)のボスを演じていた。1話で、敵ボスが人間抹殺を宣言するのだが、それを見て、"ひぃ 恐竜が口をきいた!"と言うのが滝口順平。自分で口をきいて自分で驚く。すげえマッチポンプ。大笑いした。

 日本で最初の吹き替えをしたのは滝口順平だ。生放送で、全部の役を一人で演じたという。録音されていないので残っていないのが残念だ。それからずっと、第一線で活躍し続けてきたこの人に、どれほど楽しませてもらったか、数える事などできないほどだ。この世の名物がまた去っていった。

|

« パワーマンガー | トップページ | 節電宙返り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/52613794

この記事へのトラックバック一覧です: 滝口順平が死んだ:

« パワーマンガー | トップページ | 節電宙返り »