« 和洋殺虫 | トップページ | いひひ旅立ち »

2011.12.27

ぶらりBonjour下車の旅

 タイトルが思いつかなかったのでストックから。

 以下、12月3〜4日に起こった出来事について書く。

 概ね毎年恒例の忘年会に参加。今年は泊まりがけだ。今年は静岡県掛川市に行く。

 現地集合なので、任意の交通手段が使える。調べると、小田急線とJRを乗り継ぐのが一番安いようだ。11時過ぎ集合なので、7時頃家を出ればよかろう、と思っていたところ… はらがいたい(またです) 薬を飲んだり腹を暖めたりしたところ、7時半頃には出かけられる状態になった。歩いて駅まで行こうかと思ったが、雨がんざー。タクシーを呼ぶ事にした。

 小田急線内で時刻表を調べまくった。今月は旅が相次ぐことから時刻表を買っておいたのだが、正解であった。静岡→掛川を新幹線に乗れば遅れがなかったことになる事がわかった。小田原→熱海、小田原→三島、小田原→静岡、小田原→掛川、熱海→三島、熱海→静岡、熱海→掛川も候補にしたが、乗り継ぎの便を考えると静岡→掛川が最もよく、かつ料金も安かった。

 新幹線に乗ってすぐばば。何食わぬ顔で忘年会参加者らと合流。わし以外全員新幹線という事なのだあ。

 掛川駅から徒歩で掛川花鳥園に向かう。15分ほどで到着。園内に入る。

 花鳥園は2年ぶり。前回は失業残念旅行の時だった。何度来ても鳥ばかり。今回は手足の皮を食う魚もおった。だれかちんこを水中に入れておらんかと思ったが、誰もおらん。ちえー。

 ふくろうはかっこいい。夜行性だからか動きが少ないが、時折こっちを見る奴がおる。手を出すとガッ、と食われるかもしれんので写真を撮るにとどめておく。

 雨が上がっていたので、屋外のショーも行われた。鷹やふくろうが観客をかすめて飛ぶのは何度見ても面白い。エミューは雨上がりでぬかるんでいたのでイマイチ。晴れていたら背中を押して一緒に走るのにのう。
 池の奥の方は、前回来た時はほとんど何もいなかったが、今回は鳥がかなりおった。えさを逃す気がまったくない奴らがなかなか恐かった。
 花鳥園ではバイキングがあったので、飯をたらふく喰った。これが後で大変な苦しみにつながる事になる。

 3時半前頃、花鳥園を後にし、目の前にあったドラッグストアに入って酒やつまみを買う。夜に備えるためだ。

 歩いて掛川駅に戻り、地下道を通って駅の反対側に。宿に向かうバスに乗るためだ。ほどなくバスが来たので乗る。バスはどんどん走り、どんどん山深くなっていく。途中、フリー乗降になった。うわあ、と思った頃終点到着。宿は近くにあった。

 飯まで時間があったのでふろに。あまり広くないし、他の団体(OB会。何のOB会なのかは最後までわからなかった)も泊まっていたので洗い場なし。さらに、6人分の洗い場で湯が出るのは半分というアリサマだった。

 6時過ぎて飯の時間。割りとこの写真の通りのものが出た。米が最後で来たが、とろろも来たので問題なし。とろろ大杉(笑)

 飯の後は皆でだらだらす。皆はカードゲームをやっていたが、わしわえろげやる。めばえ体験版。主人公の若い欲望がストレートに出ていて面白い。これから実はかわいかった姉や、同級生のヤリマンの人とやりまくるのだろうなー、というところで体験版終わり。体験版最終日は同級生にちんこいぢられ、その余韻で帰宅後5回ちんこいぢり、ふと姉の裸を見てしまい、それでさらにちんこいぢり。やりすぎだ(笑)

 携帯電話が通じないのでモデムにしてTwitterに何か言うとかもできない。さっさと寝た。

 翌朝は皆が起きる前に湯に入る。これはいつものパターン。湯から戻るとふとんがあがっていて朝飯体勢。しばらくすると朝飯。食うよ。

 朝飯終了後、ライダーやらプリキュアやら。撮ってきたので特に一生懸命にはみない。

 10時前出発。宿がバスを出してくれて幸い。帰りは掛川城が見えた。割と駅の近くにあるのに、駅側からは木があってよく見えない。掛川駅到着後、予定していたより1本前の列車で金谷へ。金谷は3年前小夜の中山に行くために訪れている。当時と全く変わっていないのは幸いだ。
 ここで大井川鐵道に乗り換える。南海の列車。転換クロスシートを備えた昔の優等列車。うれしい。だが隣の新金谷で降りる。ここからSLに引かれて汽車旅になる。新金谷駅には近鉄特急もおった。いろいろな出自がある。

 汽車の発車まで駅前にある土産物屋兼博物館へ行く。

汽車が出る。汽笛と、乗り心地の悪い旧式の客車の揺れ。車掌の観光アナウンスが流れる。30年前、この列車に乗ろうと計画していたのだが、ついにかなわなかった。SLに引かれるのはばんえつ物語号が先になってしまったが、遂に乗ることができた。途中、大井川を右に左に見ながらの旅。前に"空から日本を見てみよう"でもやっていた、温泉からおっさんどもがSLに手を振るのも見た。あらかじめ準備がされている感じなので、SLが近づくとアナウンスがあるのではないか。

 千頭駅に到着すると、駅構内にメダル刻印機があった。現在はMSX内蔵の自動刻印機ばかりだが、ダイヤルを回す旧式のやつだったのでやる。これも何十年ぶりにやったことだろうか。

 千頭では、猪まん食って飯食って(何食ったか忘れた。なんとかそばだ)、音戯の郷とやらに行った。投資した額と内容がいまいち合っていない施設。よくある。このヌルさが田舎観光の楽しさなのやもしれづ。

 帰りは電車。京阪の車両だ。ホントにいろんなのがある。
 金谷で東海道線に乗り換える。静岡まで。静岡で新幹線に乗る人々(=わし以外)と別れる。わしわばばばばば。トイレから出てくると、別れたはずのメンバー数人と出会う。新幹線に座っていけないので普通列車で行くとの事。これで普通列車の旅に目覚めるといいのだが、と思った(笑)
 熱海で乗り換え、小田原まで。わしわここで降りる。小田急線に乗り換えて地元駅まで。いつものクセで、自転車置き場に自転車を取りに行ってしまう。雨が降っていたのでタクシーに乗ったのを忘れていた。歩いて帰宅。今年の忘年会旅行は終了した。

|

« 和洋殺虫 | トップページ | いひひ旅立ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/53582284

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりBonjour下車の旅:

« 和洋殺虫 | トップページ | いひひ旅立ち »