« アチョー園 | トップページ | 400gようかん 4種4本セット »

2011.12.30

京都アイマス

(続きから)

 内容は怪奇大作戦ともアイドルマスターとも関係ない。

 以下、12月12日に起こった出来事について書く。

 6時頃起きる。身支度。7時半ころ出発。新大阪駅へ。今日は青春18きっぷを用いる。

 大阪到着8時ちょい前。前から気になっていた新梅田食道街の奴に行ってみる。営業してない。子守康範 朝からてんコモリ!でかやくめしが復活した、とやっていたので来てみたが… 駄目っぽい。ラジオで聴いたのは夏だったのでちょいと情報は古い。

 京都線で京都まで移動。8時44分着。約束は9時なのでばば。9時数分前にレンタサイクル京都ecoトリップに到着。前に他の客がおった(年配の夫婦。こういう人たちでも自転車で京都めぐりするのか)のでちょいと待たされてからわしの番。書類に記入し、今日乗る自転車を受け取る。電動アシスト付き自転車。試しに乗った事はあったが、ちゃんと乗るのは今日が初めて。

 まずは清水寺を目指す。京都駅東側で線路をまたぐ道路を走る。さっそく電動アシスト活躍。ラクだ。七条まで北に走った後、東に向きを変え、七条大橋を渡る。渡ったら鴨川沿いを北上。最初の信号を渡って問屋町通の丁字路そばにチロルというパン屋があるので入る。ここは、朝からてんコモリ!で10月にやった歩き部で行っていた店。ちくわパンが気になっていた。
 店内に入ると、パンが並んでいる(当たり前だ。パン屋だし) 一応全部見てみる。すると、パンのトレーに朝からてんコモリ!のステッカーがはさまっている。ちくわパンだった(笑) 買う。他にもバターロールとかしわとごぼうが乗ったパンを買う。店のおばちゃんにラジオの話をしてみたら、裏話をいろいろしてくれた。とても面白い。

 店を出て、問屋町通を北上。途中、"SEIKORO INN 創業天保二年 政府登録 晴鴨樓"と書かれたカンバンを発見。ええなあ。
 五条通に出る。ここは国道1号。歩道も広くて自転車が走れる。ここを東に走れば清水寺に着く。五条通との交差点は6差路になっている。そこを五条坂に入り登っていくと、京都市の駐車場がある。ここに駐輪場もある。
 京都市がやってる駐輪場すべての共通券を買う。200円。
 自転車を預け清水寺へ。土産物屋が建ち並び、各地からの観光客がうじゃっといる。いかにも京都。でも女子中高生の制服を観察する事は忘れない。
 清水寺に入る。しばらくするとでかくてきれいで立派な便所があったのでばば。入場料を払ってずんずん進む。面白いちょうちんみたいなのが天井からぶら下がっている。
 舞台直前に、今日は昼頃から閉鎖します、と書いてある。今日は今年の漢字を発表する日だった。今年は大変な惨事があったから鏖かもなー、などと思いつつ舞台に入る。

 高校の修学旅行ぶりの清水の舞台。あの時はバスで来たので、京都市内での清水寺の位置とかはわからなかったが、今は手に取るようにわかる。想像よりずっと京都市街地に近い所にあった。急に山になったりするのが京都の面白さ。ちょっと電車に乗ると山とか渓谷とかに行けてしまうのは素晴らしい。
 舞台をあとにし、今年の漢字をぼんさんが書くあたりに移動。舞台自体を見られるのはこっち側からだけ。京都市街も一望できてとてもよい景色。

 下におりる道があったので、行って見ると音羽の滝があった。前に来た時は混んでてパスしたのだが、今回はすいているので行ってみる。滝といってもひしゃくですくえるうようにじょぼじょぼと3つの流れが屋根から出ている。それを屋根の下からひしゃくですくって口を清める。ひしゃくは壁に埋め込まれたケースに入っていて、常時紫外線消毒されていた。
 舞台を下から見てみる。Wikipediaによると、江戸時代170年で234件の飛び降りがあり、生存率は85.4%だった、とある。割と高いので頭から落ちられれば確実に死ねると思うし、障害が残ったりする例もあるのではないか。234件のうち、飛び降り後に普通に暮らせた人はいかばかりか。

 清水寺をあとにしようと歩いていたら、"阿弖流爲 母禮之碑"と書かれた碑があった。アテルイ、というのは坂上田村麻呂と戦った人だった。確か京都に連行されて処刑されたんだった。1200年前の人は平安京の繁栄ぶり(遷都直後だからそうでもないか?)を見てどう思った事だろう。やべえこれと戦ったか、とか思ったのだろうか。わしわ正倉院を最初に見た時やべえこれと戦っても勝ち目ねえ、と思ったものだ(笑)

 自転車を回収。東大路通を北に向かうフリをしてすぐ脇道に入る。開晴中の横、六波羅裏門通を通ってちょっと迷ったが西御門町で豆腐屋千代商店を発見。これもラジオで出たところ。ラジオで言っていた派手な車が泊まっていた。大満足。

 そのまま北上、宮川町通を東に折れ、健仁寺北側を通り、ウインズ京都(何でこんな小路の中にあるのか)を右に折れ、そのまま道なりに進むと、祇園新地甲部歌舞練場横に崇徳天皇御廟がある。この天皇は、讃岐に流されて写経して送ったらキモ、と言われ送り返されたのでたたった人だな。前に偶然Wikipediaで見かけた。ゆかりのものがここにあったか。

 東大路通に戻ってどんどん北上。祇園を通る。祇園のローソンは青くなかった。景観を考えての事か。さらに北に進み、祇園花月前を通ってず〜っと進む。二条まで来たら京都会館→と見えたので東に折れる。京都会館は前川國男の設計だ。前川國男は、わしが生まれた弘前市にずいぶん建物を残している。京都会館もツクリが弘前市民会館に似ている。上野公園内にある東京文化会館(上野駅公園口目の前)にも似ている。これも前川。ヘリの曲がり具合が同じ。面白い。
 京都会館北側にある平安神宮にも行って見る。赤い、でかい。京都の寺はどこもすげえ。同じ感想を、ちょうどやってきた小学生の群が述べていた(笑)

 東大路通りに戻り北上。京大の横を通り今出川通を東に折れる。突き当たると銀閣寺に着く。ここにも京都市の駐車場があるので自転車を預ける。

 銀閣寺は清水寺と比べてこじんまり。銀閣自体もこじんまりしている。銀閣が銀色でないことは一行知識にもなってないような事柄だ。銀箔貼ってあったらそれはそれで面白いのだが、建った時は銀閣と呼ばれていなかったので、足利義政には責任はない。

 銀閣からは今出川通を西に向かい、白川通に入って北に向きを変える。地図をよく見ながら、一乗寺下り松を目指す。サークルKが目印になるのでわかりやすい。横道に入り、下り松を見る。現在ではただの松(笑) そばの看板には、"銘菓武蔵饅頭"と書いてある。近くの八大神社には宮本武蔵の銅像もあるのだが、それを見る気がしなくなった(笑) 吉川英治に見事あざむかれたかっ(大笑)

 白川通をそのまま北上。北山通に折れるとすぐ修学院駅。修学院駅というのはけいおん!(アニメ)によく出てくる駅だ。ちょうど電車が来ていたので見るとけいおんのヘッドマークがついてる。ラッピング電車だった。

 高野川に出て川べりを南下。40kmもつはずの自転車のバッテリが少なくなって来ている。まだ20kmくらいしか走ってないのに。一旦レンタサイクルの店に戻る。こんなに減り方が速いのは…目方か?

 浄水場など、ランドマークになりやすいものがあって助かる。下鴨中学校に向かう橋を渡って、下鴨神社境内に入る。紅葉がまだ見られるときいたからだ。下鴨神社は前に訪れているので見ない。紅葉はやっぱり美しかった。

 河原町通に入って南を目指す。四条と五条の間でバッテリが切れる。重い。がんばって京都駅の南まで到達。バッテリを換えてもらう。

 今度は京都駅西側でJRと交差する道を通る。塩小路通に出たら下京区役所を目指す。区役所でばば。古い建物なので苦労する。駐輪場はいつも使ってるのと同じものだったので簡単だったが。

 西洞院通を北上。五条を越えたところで御金神社を発見。ちょっと前にデイリーポータルZで知った神社。実物を見ると…これはひどい(笑) 鳥居が金ぴか。屋根瓦の横の丸いところ(何というんだったか)にはくどいくらい金と書いてある。絵馬には、"アパート・マンションが満室になりますように"とかある(笑)

 御池通を西に、二条城前を通って千本通を二条駅を右にみながら南下。三条通に入って西に向かう。途中、蘭山電車と並走したり、交差したりする。太秦を通る。昔映画村に来た事があったが、けっこう遠くにあるのだのう。ここから北に向かうと金閣寺。前に来た時は雪の日、その前は改修中で来られなかったのを思い出した。

 だいぶ田舎道になってきたなー、と思った頃渡月橋に到着。これが渡月橋か。毎度ながら京都市の駐輪場に自転車を停める。夏なら川風が気持ちいい、とか言うところだが今は冬。橋のたもとの店で甘酒を飲む。観光地料金。ぅぅ。

 自転車を回収。来た道を逆に走る。今度は地図を見ないので速い。二条駅を過ぎた辺りで斜めに入る道(後院通)があるのでそこを走って四条大宮駅前をすぎ、堀川通を出たらそのまま南下。そのまま行けばいいものを途中脇道に入ったりしたので迷う(笑) 数分後脱出。自転車を無事返す事ができた。返した頃、もう無灯火では進めない暗さだったのでちょうどよかった。京都市内自転車の旅8時間、50km走って終了。

 京都駅に戻り、新快速に乗る。1時間乗って神戸に到着。普通列車に乗り換えて新長田まで。ここにはそばめし発祥の店青森がある。
 地図を頼りに行ってみたらなんと今日だけ臨時休業。ルミナリエに行ったものか(笑) ガッカリして戻り、駅前の店で飯を喰う。一応鉄人28号も見ておく。

 元町駅に着いたのは7時半ちょっと前。こんな遅くにルミナリエに来たのは最初の時ぐらいだ。混んでるのを覚悟していたがすいてた。簡単にルミナリエ入口に到達。ここで9時まで待つ。すいてるから東遊園地まで行って、もっかい元町まで戻って2周目に入るとかすればよかった。
 途中、寒くて三井住友銀行の中に入ろうとしたが当然カメラがあるので長時間いられない。天井のすみに貼り付くことができればカメラを逃れられかつ暖もとれるのだが。

 8時53分頃、制服を着た人々が入ってくる。いよいよ消灯の時刻だ。うまく録画できなかったので、去年の消灯の模様を神戸新聞が録画したものをリンクしとく。去年は、さっさと帰ってしまったので消灯式を見ていない。その後、神戸新聞の動画を見て消灯を見なければならぬ、と思った。翌年見られたので幸いだった。
 この催しを体験すると、ルミナリエが何の目的で行われているかを実感させられる。今年はなおさらだ。でかい地震があったしな。

 元町駅まで戻る。途中、パトカーが走って歩行者は歩道にあがれ、と叫びまくっている。祭は終わった。

 新快速で新大阪まで。ホテルに戻る。昨日よりは早いがそれでも10時45分。入浴剤を使って風呂に入って寝る。

(続く)

|

« アチョー園 | トップページ | 400gようかん 4種4本セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/53607516

この記事へのトラックバック一覧です: 京都アイマス:

« アチョー園 | トップページ | 400gようかん 4種4本セット »