« TOMASH | トップページ | 緊急自身速報 »

2012.02.29

キリン 本搾り™チューハイ グレープフルーツ 350ml/レモン 350ml 各1本 合計2本セット

 毎度ながらアレだが、モラタメで半年以上ぶりに貰える事になったのが、キリン本絞りチューハイのグレープフルーツとレモンだ。

 1月下旬に到着していたのだが、体調が悪くて最近まで飲めなかった。飲んでもいいが評価ができない。それはまずいので体調回復を待った。

 この商品は実売価格110円台で売られているようだ(わし調べ) 他の低廉な商品と比べても、価格で劣るということはない。ウリは果汁の多さだ。"果汁とお酒だけ。"というのは本当だ。グレープフルーツの場合、果汁28%、アルコール分6%。果汁は同様な製品の中でも群を抜いて多い。アルコール分も少し高目だ(調べたところでは、4〜5%が多かった) 少しトクした気分になった(笑)

 実際に飲んでみると、果汁能力の高さに驚く。今まで飲んでいたグレープフルーツ味のチューハイとは全く違う。砂糖不使用もあいまって、グレープフルーツが持つ嫌なところまで感じられる。これを実現するためには、自分で作るよりなかった。果汁を多量に使う製品となると値段が張るのが普通なので、低廉な製品に逃げる事も多かったわけだが、前述の通り価格帯は他製品と同じ。グレープフルーツやレモンの本当の味わいが欲しい場合、この製品は現在のところ有力な選択肢になる。

 レモンの方も評価したい。こちらは、果汁は12%(レモンをグレープフルーツ並に入れたら酸っぱすぎて飲めまい)でアルコール分は7%で少し高目。概ねいつも飲んでいるものの2倍の酔い効果があった(あくまでも個人の感想です) こちらもものすごく果汁能力が高く、レモンの酸っぱさだけではなく、嫌な部分まで感じられた。同様にこのような味わいを求める場合、今までは自分で作るしかなかったのだから、低廉な商品となって出てくれた事はありがたい。

 (多分)今まではコストの問題で出なかった果汁+焼酎のみ、という製品が出た事は意義深い。現在はグレープフルーツとレモンのみだが、今後他の果汁に展開していくのだろうか。ぜひしてほしい。砂糖で誤魔化したような製品が幅をきかせる中、こういった本道を行くような製品が出てきた事はうれしい。今後も折りに触れて買う事だろう。

|

« TOMASH | トップページ | 緊急自身速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/54108987

この記事へのトラックバック一覧です: キリン 本搾り™チューハイ グレープフルーツ 350ml/レモン 350ml 各1本 合計2本セット:

« TOMASH | トップページ | 緊急自身速報 »