« ARC使用時の、動的確保されたid配列の扱いについて | トップページ | NSArrayとNSMutableArrayの実体について »

2012.05.14

スカイウォーター

 毎度ながらモラタメのアレだ。今回は、クラシエフーズから出ているスポーツドリンク、スカイウォーター 3種×各5個 計15個セットを試してみた。

 この商品を出しているクラシエフーズ、というのは元々カネボウフーズだったりベルフーズだったりしたところだ。つまり、ねるねるねるねを出している会社が出したスポーツドリンクということになる。今までこの会社のスポーツドリンクは飲んだ事がなかったので調べたら、スポーツウォーターCとかNaとかを出している。初挑戦ではないので安心かと思ったが…

 ウメ味

 梅の味がするスポーツドリンクを飲んだ事がない。存在する事を思った事もない(笑) これは試してみなければならない、と思いすかさずモラタメに申し込んだわけなのさ。

 届いて最初に試したのはもちろんウメ味。こういう製品では当然の事だが、粉の粒子が細かく、水に溶けやすい。かきまぜるとかは一切いらん。簡単でよろしい。
 飲んでみたら… 人工的な梅の味だった。これは悪い事ではない。本格的な梅の味をスポーツドリンクにしたら違和感が大きすぎて飲めまい。妙なのを求めるんだったら、豆乳飲料梅しそ(実在)とかを買えばいい。スポーツドリンクはすっきりさっぱりがなければならぬ商品なのだ。

 スカイウォーターは、3世代で飲む事を考えられている。今回試したセットは、ウメ味の他にも、グレープフルーツ味、グレープ味(子供用)も含まれている。こっちも試してみた。

 グレープ味は子供用というだけあって、酸味が抑えられている。だが、それがどうにも物足りない感じがする。3種類の中ではこれだけがカルシウム配合をうたっていて、子供用であることをアピールしている(のか?)
 グレープフルーツ味は、いかにもこのテの製品といった感じの味わいだ。塩分が含まれている感じも3種の中では最も強い。塩気を同様な製品と比較すると、アクエリアス(塩気なし)とポカリスエット(塩気たっぷり)の間だ。

 30リットル分試せるのだが、まだ10リットルくらいしか飲んでいない。これから暑い季節、このような製品がうちにあればうれしい。しばらく飲む事にするし、店頭で見かけたら買うと思う。その時は、自腹で購入してのレポートをしてみたい。

|

« ARC使用時の、動的確保されたid配列の扱いについて | トップページ | NSArrayとNSMutableArrayの実体について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/54708677

この記事へのトラックバック一覧です: スカイウォーター:

« ARC使用時の、動的確保されたid配列の扱いについて | トップページ | NSArrayとNSMutableArrayの実体について »