« みかかの革命 | トップページ | 今年いなくなった人たち »

2012.12.29

理研秋の新商品 豪華8種11点セット

 さ〜てまたもやモラタメからの商品を試してしもうたのですがなっ タイトルでは何の事やらわからんが、理研(ふえるわかめちゃんとかのとこな)の新商品として、ノンオイル(ドレッシングタイプ調味料)、混ぜ込みわかめご飯シリーズ、和ポタージュシリーズの詰め合わせを試せる事になったわけだ。

 それぞれ違うタイプの商品なので、ひとつひとつ紹介していく。

 まずはノンオイル。ドレッシングタイプ調味料と書いたが、これは法律上の呼び名。油を使っていないとドレッシングとは呼べないので、各社工夫した名前にしている。名前はともかく味だが、理研の商品はすごい。油が入ってないのに油が入ってる感じがする(笑) 他社が、油が入ってないなりにサッパリ方向に持っていっている中、この方向性はすごい。わしわくどい食い物が嫌いで、そのためドレッシングも油が入っていないものを選ぶことにしているが、この製品はすごい、舌が油を感じてしまう。
 今回試した2種類の製品では、くせになるペッパー醤油が気に入った。トマトにかけても合う製品はなかなかない。これは今後も使いたい。一方、セレクティ胡麻の方は… ごまがすごくくどい。ポテトサラダにかけたらうまかったが、現在のところ他の組み合わせでうまいものをみつけられていない。もう少し研究の余地があると思う。

 次は混ぜ込みわかめご飯シリーズ。飯に混ぜて食うタイプの食い物は、いろいろな製品が出回っている。主だった所はふりかけの延長みたいな感じになっているか、飯に溶けて混ぜご飯みたいな味わいになるものばかりだが、理研のこの製品はそれらとは違い、"わかめご飯"になるのだ。今回試した3種では、わかめが中心で他は何も入ってないプレーンのものが気に入った。わかめのこりこりした食感がとてもいい。わかめで攻めてきた会社の意地といったものかもしれない。
 ひじきやちりめんの入った製品もあるが、これはわかめがちょっと隠れがちになっていただけない。わかめが前面に出た方がいいと思った。

 最後に和ポタージュ。理研のスープといえば、わかめスープかねぎのピリ辛スープだと思っていた。店やでもよくみかけるので安い時に買っていた。ところが、ポタージュも出していたのだった(知らなかった) 今回新製品のたまごポタージュと、他の2品(焼きとうもろこし仕立てのポタージュ、北海道ほたてポタージュ)の間には、あからさまな違いがあった。くどさだ。ポタージュはこくのある飲み物だが、たまごポタージュはこくという点では劣っている。だが、さっぱりした物が食べたい時や、風邪引きの時などはたまごポタージュはとてもいい。だが、体に勢いがある時は、特にほたてポタージュをおすすめする。飲んだ瞬間はそれほどでもないが、後から追ってくるほたてとバターがすごい。最初に飲んだ時は、こういう物があったのか、と驚いた。

 米が好きなわしは、米に混ぜる製品をよく買っている。これまではミツカンが一歩先を行っていると思っていたのだが、理研も同じくらいの所を走っている。しかも、わかめという強みを生かしている。これからもこの路線を突っ走っていただきたい。わしも買い続ける。

|

« みかかの革命 | トップページ | 今年いなくなった人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/56419322

この記事へのトラックバック一覧です: 理研秋の新商品 豪華8種11点セット:

« みかかの革命 | トップページ | 今年いなくなった人たち »