« テレビテラコッタ | トップページ | 理研 春のアソート11点セット »

2013.04.08

胡椒厨

 タイトルは何なのかわかっていない。

 3月30日、Blu-rayレコーダ(シャープBD-W1100)が届いた。ただちにアンテナ等を接続、ロケーションフリーを介してPSPで番組を見た。

 スカパープレミアムは、最初の2週間はほとんどのチャンネルをタダで見られる。とはいっても、今までは標準画質(SD)でずっと見てきたので、どういうチャンネルがあるかは熟知している。チャンネル番号が全部変わってしまった事はちょいと混乱したが。

 今までは、SDをレターボックスでみていた。HDは、レターボックスにはなっていない。PSP側で16:9表示にしてやればよい。もちろん、レターボックスの黒帯の部分だけ垂直の画素数が上がるので、画質がよくなる。こういう事で感心している人って世の中にもうおらんだろうなあ、と思いながら見た。

 今までは、録画した番組はハードディスクレコーダからファイルとして取り出し、以降はMacで編集、再エンコード、DVD焼きをしていた。これからはBlu-rayレコーダを使ってBD-Rを焼く事になる。ということで番組を編集、数年ぶりに買った新機種、しかもデジタル放送の機器は便利だ。すいすいと編集……できない(笑)

 わしの環境では、ロケーションフリーで見ているので、PSPに送るために再エンコードを行っている。ここで数秒のタイムラグが生じる。この状態で、番組を適宜な位置で一時停止し、コマ送りで切るポイントを決めるなど人の技では不可能だ。

 ということで、HDMI端子を装備したディスプレイを買おうと検討に入った(テレビを買おうとはしない。地上波とか見たくないので)

 また出費だ嫌だなーとか思っていたら、翌日。今までMacで使っていたディスプレイが壊れた(笑) すげえタイミングだが、新しいディスプレイを買う必要が生じた。安い店で注文した。

 ディスプレイが届くまで、MacBookProでしのいだ。小さいディスプレイでソースコードの編集をするというのはめんどい。うんざりした頃にディスプレイ到着。
 今のディスプレイは、とても薄い箱に入っていて、軽い。反面、VESA用の穴しかあいていないし、付属のスタンドは安っぽい。そういうものなのか。

 HDMIとDVIを接続。スカパーの番組を見る。すげえ! これがデジタルハイビジョンの力か! うちでこんなくっきりした放送を見る事ができるとは思いもせなんだ。

 ソースコードの編集は…イマイチ。縦が1200から1080になったからだと思う。VESA対応スタンドを買って、ポートレート置きをするテもあるが、それではテレビを見る時首を90度傾けねばならぬ。それはカンベンしといたる。

 テレビの素晴らしさを味わった翌日、今度はMacBookProのHDDが壊れた。幸い前日バックアップを取ったばかりだったので、内容の損失は最小限に抑えられた。
 ということで、アキバで2.5インチHDDを購入。念入りなフォーマット後、バックアップからデータを戻して故障などなかったかのようになった。

 …何もかも平常運転になった今日、突如元のディスプレイが直った(ように見える) なんだこれわ。

 いろいろ紆余曲折があったが、前から懸念だったスカパーのHD移行が完了した。来年春に全SD放送が終わるし、2月末でAT-XのSD放送が終了していたので、1年以内にやらなければならぬ事ではあった。まあ、結果としてはよかった…って事に後で思うのだろう。

P.S.
 Blu-rayレコーダにB-CASカードは挿していない。サポートは挿さないと初期設定ができないと言っていたが、ホームボタンを押す事で初期設定を飛ばす事ができた。設定は個別にできるので問題はない。

|

« テレビテラコッタ | トップページ | 理研 春のアソート11点セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/57133795

この記事へのトラックバック一覧です: 胡椒厨:

« テレビテラコッタ | トップページ | 理研 春のアソート11点セット »