« 鎮魂旅行 | トップページ | 今年いなくなった人たち »

2013.12.27

大阪勘定線

 タイトルと内容は一切関係ない。

 以下、12月17日に起こった出来事について書く。

 8時ちょい前起き。ありがとう浜村淳ですが始まるまで聴く(つまりてんコモリを聴いた) 数年前旅行で関西を訪れた際、ありがとうの前のCMってこうなってるのか、と驚いたものだが、もう何年もradikoで聴いているので、何の驚きもなく、通常営業。TVで浜村淳が霊園のCMに出てくると今でも驚くが、それはテレビが他の地域では見られないから。全地方局が全国放送すりゃあいいのに、といつも思う。

 だらだらといかやきとか食って残った酒のむ。平日だという事は考えないものとする(笑)

 10時すぎ出発。京都線大阪環状線大和路線と乗り継ぎJR難波まで。青春18きっぷがあるので御堂筋線は使わない。開店10分前の自由軒に到着。すでに何人か客がいた。わしが平日の開店時に来る時はいつも一番客だったのだが。

 開店後、着席したらすでに客は20人を越えている。注文を次々と取るが、名物ハイシをたのんだのはわしだけ。串カツもわしだけ。なので名物カレーと間違われる。コップが名物カレーの客用になっていたのでわかった。

 なんだか過剰に繁盛するようになっていまいか。おとといの晩も妙に混んでいた。
 想像するに、テレビとかで取上げられたのではないか。それで客が… いつも来る(大阪に来た時だけだが)客は困る。

 さっさとくってJR難波まで取って返す。大和路線環状線と乗り継ぎ、大阪まで、3日連続で環状線を1周したことになる。

 新快速で大阪を出発。以降、米原、大垣、豊橋、浜松、熱海、茅ヶ崎と乗り換える。最後、相模線で海老名に着いたのは21時ちょい過ぎだった。大阪からは、8時間ちょいの列車の旅だった。

 これで今回のルミナリエ旅行も終わり。3年連続で消灯式を見られた。何度見てもグッとくる。大きな地震があって大勢の人が死んだ。我々の歴史上、何度も繰り返されてきた事だが、我々が生きている、ということは、地震に負けなかった、ということだ。今後もまた大きな災害は起こる。だが、負けまいよ。これまでと同じように。

|

« 鎮魂旅行 | トップページ | 今年いなくなった人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/58859259

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪勘定線:

« 鎮魂旅行 | トップページ | 今年いなくなった人たち »