« ほろよい <カシスとオレンジ> 12本セット | トップページ | 大阪勘定線 »

2013.12.25

鎮魂旅行

 以下、12月16日の出来事について書く。

 5時くらいから寝たり起きたり。てんコモリを聴く。大阪に来ているのに、ホテルのLANではradikoが東京だ。ちょいと細工して大阪にする。なぜ大阪に来ているのに細工しなければならないのか。

 8時。ありがとう浜村淳ですが始まる。風呂に入って身支度して出かける。ちょいと早い昼飯のためにゲコ亭に行く。

 新大阪から京都線に乗り、大阪で環状線に乗り換える。今日も青春18きっぷなのでJR中心で。天王寺に着く。

 一応行っとかないといかんかもしれん(なんでよ)ので、ハルカスへ行く。下層階が近鉄百貨店になっているので、とりあえずおもちゃ屋のフロアまで。途中の階はまだ準備中で、シャッターが閉まっている。
 エスカレーターの説明アナウンスの声は窪田等だ。わかりやすい声なので間違いない。
 おもちゃ屋に行ったらアイカツおじさんがおった(笑) 脇を抜けトイレに入る。ばばばばば。おもちゃ屋に戻って品揃えを見る。こんな大きな店だから、もっとぎっしり商品があってもいいのに、少なめだ。

 帰る。ばばしておもちゃ屋見ただけかい(笑) 帰りはエレベーター。驚くべき事に、エレベーターシャフトがない。吹き抜けの中、壁にはりついて上り下りしている。こわい。だがエレベーターのナレーションも窪田等。ちょっとおちつく(笑)

 地下に降り、阪堺電車に移動。最早阪堺電車天王寺駅前電停には地上からは行けない。前は行けてたはずだが…それを見たのはいつだったか。

 チンチン電車に30分以上乗り、寺地町まで、歩いて数分でゲコ亭。すじとか玉子焼とかを取り、飯をいっぱい盛ってもらう。みそ汁はしじみで。多分十三湖のではないだろう。人生で摂取したしじみの半分以上が十三湖産なので、妙なこだわりがあるのかもしれない。

 米、うまい。初秋ごろ、飯炊きおやじが遂に引退みたいな記事を見たが、うまく継承されつつあるようだ。この、自分で炊いたらあきらかに柔らかすぎな飯も、とてもうまく炊けている。繰り返す。米、うまい。おかわりする(笑)

 再び阪堺電車に乗り、住吉鳥居前まで。住吉大社のメイン入口だが… 道が狭い(笑) これが、日本全国にある住吉神社のオオモトなのか、と思えるぐらい狭い。線路+2車線。だがいい味だ。
 だが中に入ってみるとわかるが、神社は闇雲にある。摂末社全部で20以上あるのではないか。本殿が4つあるのもすごい。

 神を信じる事は疾病であると思っているわしだが、拝んどく。祖母は神仏をみるたびに拝んでた。あれを見て、わし内では神仏は拝むものである、という事になっているようだ。

 阪堺電車で天王寺駅まで戻る。途中、神ノ木電停からハルカスが見える。随分遠くから見えるものだな。
 天王寺から環状線に乗り、大阪まで。昨日もそうだが、環状線を1日1周している。201系電車の、”大阪環状線”の表記がいい味だ。

 時間に余裕があるので、グランフロント大阪も見る。だが、わしが行くような店などなく、ばばして帰る(笑) またかよ。

 三越伊勢丹の赤福茶屋へ。赤福ぜんざいを食う。3分ほど待ったが、20人以上並んでるのも見た事があるのでたいしたことではない。

 阪神百貨店に向かうため、大阪駅御堂筋口の南側へ。昨日気付いたが、阪神百貨店がはっきり見える。今まで大阪駅南口から阪神は建物があって見えなかった。1年来ない間に取り壊されたか。

 毎度ながら阪神でいかやきを買う。そして今日は阪急にも行く。朝からてんコモリで紹介されていた、明太子屋の明太子フランスパンを買うためだ。200円しないぐらい。家にいるときは抵抗ある価格だが、旅行中ならアリだ。買う。

 京都線で新大阪に移動。ホテルに戻る。この段階で15時。ルミナリエまでには時間がある。ちょうどちちんぷいぷいが始まる時刻なので見る。おもしろい。全国ネットにすればいいのに。

 少し寝てしまう。そんなに疲れてたか。

 18時過ぎ、ホテルを出て新大阪駅まで。京都線(神戸線)で兵庫まで。普通に乗り換えて新長田で降りる。そばめし発祥の店青森に行く。去年は誰も客がいなかったが、今日は常連の人々がおる。話をきいていると、ルミナリエにはあまり行っていない様子。地元の祭りとはそんなものか… と思ったが、弘前市民はさくらまつりやねぷたには行く。習慣になっていない、ということなのか<ルミナリエ

 すじそばめしをくっていたら、20時近くになってしまう。あわてて新長田に戻る。神戸線で元町まで戻ったのが20時17分。急いでルミナリエに向かう。

 ルミナリエ入口に立ったのが20時30分ちょい過ぎ。最終日の平日なので、人出はそれほどでもない。写真を撮ったりしてぶらぶら東遊園地にたどり着く。こっちはかなりの人がいた。

 東遊園地入口脇のスロープを使って戻る。消灯式を見るために。

 20時50分過ぎ、消灯式を行うために警備の人たちが列をなして進んでくる。先頭が止まるあたりで待つ。後ろの人が見えないのでしゃがんでくれと言われたが、しゃがむのはきついので座る。

 しあわせ運べるようにが流れた後、終了アナウンス。警備の先頭にいる人が、消灯の辞を述べる。いままでは男性だったが今回は女性だ。去年までは日本のいちばん長い日の天本英世みたいな感じで怖かったが、今年はそんなことはない。

 ここいらへんで、6000以上の人が死んだ。その時は、この日本でこんな事が起こるのかと思った。おととし、またもや大勢の人が死ぬ地震があった。この世とはなんと不安定なものか。盤石なところなど、どこにもない、という事を思い知らされた。だからこそ、皆で力を合わせてなんとかしようとするし、なんとかなってきた。これからもなんとかしていきたい。

 消灯。ルミナリエ終了。祭りは終わった。

 去年は元町から電車に乗ったが、今年は三ノ宮に向かう。寒いので地下を歩いたが、さんちかも21時過ぎると閉まっている。明日のため(笑)豚まんを買おうとするが、商品が豚まん以外ないうえ、個数も限られている。でも2個買えた。
 21時37分の新快速に乗る。新大阪に着いたのは10時過ぎてた。ホテルに帰り、寝る。まだ何かくいたい気持ちをグッと抑えながら(笑)

|

« ほろよい <カシスとオレンジ> 12本セット | トップページ | 大阪勘定線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/58820631

この記事へのトラックバック一覧です: 鎮魂旅行:

« ほろよい <カシスとオレンジ> 12本セット | トップページ | 大阪勘定線 »