« あけぼの | トップページ | オリゴ糖浜村淳です »

2014.04.07

鉄道薄め

 以下、4月6日に起こった出来事について書く。

 ありがとう浜村淳です40周年大パーティー、というのが大阪で開催されることとなった。チケットは1月なかばに発売された。わしも当時余計なツイートをしている。



 ということで、会場は大阪はフェスティバルホール。開催日あたりはまだ青春18きっぷが使える期間なので、あらかじめ切符を入手しておいた(3月31日までしか売ってない。使えるのは4月10日まで) で、前日のうちに大阪入りした。

 大阪に着いた頃、体調が悪化し始めている事に気付く。前日の花見で冷えたとかか? ありうる…がまずは4月6日で閉館となる交通科学博物館に容赦なく行く。

 交通科学博物館は最終日とあってものすごく混んでいた。過去何度か訪れた事があるが、こんなに混んでいるのを見た事がない。その中、しばらく見られなくなるML500を最初に見た。これが500kmで走った後、学校の廊下に掲示している写真ニュースを興奮して見た。こういうのが素晴らしいのは、成功するまで努力を続けた人がおるからだが… JRマグレブの研究を始めてから、営業運転までは65年も架かった。最初に研究を始めた人たちは、ほぼ生きてはいまい。だが多分…やらずにはいられなかったのだ。500kmで走るという挑戦をせずにいられないのだ。そうした人たちの努力の軌跡が、ML500には見て取れる。素晴らしい。

 他にも151系など、何度も見ているのにまたもやグッとくる車両を次々と見る。これらの車両は、2年後京都に開かれる、京都鉄道博物館に引き継がれる。鉄道にかけた人々の熱い気持ちも引き継がれるといいな、と心底思った。

|

« あけぼの | トップページ | オリゴ糖浜村淳です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/59429617

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道薄め:

« あけぼの | トップページ | オリゴ糖浜村淳です »