« 転倒予防くつ下 アップウォーク® | トップページ | 今年いなくなった人たち »

2015.11.15

クリスマス足ツリー

 タイトルは別のダジャレを検索している最中に思いついた。

 寒い季節になるとよく足がつるような気がする。今朝もつった。今もまだふくらはぎが痛い。なぜこのような事が起こるのか?

 足がつるのは運動不足との説がある。これは否定されているが、わしわ寒い季節になると自転車に乗るので、かえって運動が多くなる。ということは、運動すれば足がつるようになるのか?

 また、水分不足やミネラル不足との説がある。冬になると飲む水の量が減るから水分不足が起こるかもしれない。だが、ミネラルは汗や尿とともに出ていくので、冬の方がミネラル不足は少ないのではないか。しかし、わしわ尿路結石対策として冬でも水分を多く摂取する。じゃあそのあたりに原因があるのか? …などと思いマグネシウムのサプリメントをのんだりしたこともあったが、全く効果はなかった。

 原因がなんであれ、栄養は関係しているような気がする。1月になれば治るのだ。その頃栄養に関係するものといえば、駅弁大会しかない。期間中、1日1回は駅弁を食う。これで普段摂取できない何かを摂取することによって足がつらなくなるのではないか。

 …というのが足がつることに関して今まで考えてきたことだ。だが、"足がつるのは駅弁を食うと治る"ってのは変だ。風が吹けば桶屋が儲かる状態にも思える。

 ここで似ているものが思い出される。麦角中毒だ。これは、体の末端(指とか手とか足とか)が腐り落ちてしまう恐ろしいもので、ヨーロッパで数百年前まではびこっていた。当時の治療法は、1)断食をして 2)聖アントニウス修道会 に行って祈るというものだ。当時の人たちは2で治ったと思ったことだろうが、実際は1で治っていた。麦角菌(これが毒を出す)がついている麦を口にしないことで毒の摂取がなくなり、治癒するのだ。この仕組みは現在では解明され、麦角を取り除くようになったので麦角中毒は起こらない。

 足がつることに話を戻すと、わしが駅弁を食うことは、麦角中毒の人がアントニウス修道会に行くことと同じなのではないか。
 実際の原因は駅弁大会あるいは同時期に起きている何かなのかもしれない。わしにとっての断食を探さなくてはならないのかもしれないが、それには一体どうすればいいのか? わからんが今年もきっと駅弁を食ったら治る(笑)ことだろう。

|

« 転倒予防くつ下 アップウォーク® | トップページ | 今年いなくなった人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14986/62681656

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス足ツリー:

« 転倒予防くつ下 アップウォーク® | トップページ | 今年いなくなった人たち »